【教育目標】 考える子・たくましい子・思いやりのある子


 夕焼け小焼けの作詞・中村雨紅先生ゆかりの学校校名
ARAKAWA - DAISAN - NIPPORI - ELEMENTARY - SCHOOL
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里3丁目10番17号
 電話 03-3891-6307 FAX 03-3801-9816
 
 

本日の来場者数

COUNTER671←毎日リセットされます
6年生/縄文漁網作り体験
210621(月)
◯6年生/「あおもりJOMONプロジェクト」/縄文漁網作り体験/漁網を編む練習
01
▲作り方の映像を見ながら、縄文時代と同じ製法で漁網を編みます。練習では、タコイトを使って練習しています。
02
▲編み方をマスターしようと真剣でした。6名が1グループで、制限時間は20分間です。先週の1組に引き続き、今週は2組がチャレンジしています。
 
クラブ活動/読書・イラスト・工作クラブ
210621(月)
◯クラブ活動/読書・イラスト・工作クラブ
01
▲子どもたちがやりたいこと「読書・イラスト・工作」を一緒にしたユニークなクラブです。今回は工作で、給食の牛乳パックを利用した「物語ジオラマ」です。
02
▲読んだ本の中で、印象に残っている場面を紙粘土で表現します。順番につなげると、物語が再現できます。秋の展覧会に展示する予定です。
 
クラブ活動/防災クラブ/ポンチョ作り
210621(月)
◯クラブ活動/防災クラブ
01
▲災害時は天候が不安定です。雨から体の体温が奪われ、命にもかかわります。そこで、身近にある50Lのビニール袋を活用して「ポンチョ」を作る訓練を受けました。
001002
▲外部講師の方に作り方を教わり、自分の体格に合わせて調整します。子どもたちは一度体験すると、強く印象に残ります。いざというときに自分を守る方法を毎回学んでいます。終了後、特性缶バッチをもらえるのも魅力です。
 
クラブ活動/琴・音楽クラブ
210621(月)
◯クラブ活動/琴・音楽クラブ
01
▲今回のお題は「さくら」です。楽譜を見ないで演奏できる子もいます。
001002
▲外部講師の先生から、爪の付け方、基本の演奏法、姿勢などの基礎・基本を学び、呼吸を整えて日本の伝統文化を学んでいます。コロナが終息し、一昨年のように演奏会を実施できるよう願うばかりです。
 
トロフィーの寄贈/地域連携
210621(月)
◯トロフィーの寄贈/地域連携
01
▲地域の方から、立派なトロフィーを寄贈していただきました。口の開いたデザインの大きい方を「優勝杯」、口にふたのついたデザインの方を「準優勝杯」として、運動会で活用させていただくことになり、代表児童に受け取ってもらいました。
02
▲大変高価なもので、寄贈者へは、荒川区より感謝状が届いています。大切に三日小の財産として使わせていただきます。
 
5年生/図工/立体「3Dワンダーランド」
210618(金)
◯5年生/図工/立体「3Dワンダーランド」
01002
003004
▲想い描いた景色を立体で表します。必ず形をはっきりと描くことがポイントです。糸のこでは、曲線や直角は必ず刃を動かしながら切ることが大切です。けがをしないように注意して、制作に取り組みました。
 
体力テスト/ソフトボール投げ/3年生
210617(木)
◯体力テスト/ソフトボール投げ/3年生
01
▲ソフトボールを投げて、その距離を測定する種目です。ボール投げでは、直径2mの円内から、前方30度の範囲内にボールを投げます。円内は自由に移動できますので、ボールをより遠くに投げるために助走をつけたり、ステップを踏んだりすることができます。
02
▲ソフトボール投げでは、運動特性の「力強さ」と「タイミングの良さ」が要求され、瞬発力に加えて、運動を調整する能力である「巧緻性(こうちせい)」が評価されます。
03
▲ソフトボールを投げる際に使う力である投球能力は、多くのスポーツや日常生活でも重要な力です。投球能力を測ることで、力を入れるタイミングを掴むことができたり、ボールを速く投げられたり、遠くに飛ばせるようになります。

<ボール投げの記録を伸ばすコツ>
・準備運動は念入りに行う
・体重移動を意識する
・腕を大きく振る
・手首のスナップを意識する
・斜め45度に投げる
・まっすぐに投げる
・下投げではなく、上手投げ
・ボールは遠くの位置で離す
(出典/文部科学省ホームページ)
 
体力テストがスタート/1年生「20mシャトルラン」
210616(水)
◯体力テストがスタート/1年生「20mシャトルラン」/全学年で体力テストが始まりました。運動時は、熱中症予防のためマスクは外します。待機時は必ずマスクをつけるルールになっています。水筒持参で常に水分補給を欠かさず、体育館は冷房を常時効かせて、子どもたちの体調管理を行っております。
01
▲シャトルラン(反復持久走)では、全身持久性を調べることができます。この能力が高いと一定の強度の運動や作業を長く続けることができ、一定時間にあらわれる疲労度も小さくなります。
 また、より高い強度で一定時間の仕事をすることもできます。つまり、この能力が高いと全身で行う運動量が大きいことを意味します。なお、このテストの成績が高いと、呼吸循環・代謝系の機能が高いことが分かります。
001002
▲待機している子どもたちは、真剣に友だちの動きを見ています。

◯テスト項目は以下のとおりです。
 「20mシャトルラン」「反復横跳び」「上体起こし」「長座体前屈」「立ち幅跳び」「握力」「50m走」「ソフトボール投げ」
 
6年生/「あおもりJOMONプロジェクト」
210615(火)
◯6年生/「あおもりJOMONプロジェクト」/縄文漁網作り体験に先んじて、漁網を編む練習が始まりました。
01
▲縄文時代と同じ製法で漁網を編んでいます。29日の本番では、「チョマ」という繊維をよって糸を作り、その糸を編み用「ジグ」を使って編んでいきますが、練習では、タコイトを使って試しに編んでいます。
02
▲作り方の映像を見ながら、スムーズに取り組んでいました。編み方をマスターしようと真剣でした。6名が1グループで、制限時間は20分間です。昨日からスタートし、今週が1組、来週が2組がチャレンジします。
 

今日のトピックス

◯三日小の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

連携幼稚園・保育園



yuuyake


guro-baru

ういず
 

アクセスカウンタ

Total=409564 (190331まで=212003)

MUNE

感染症対策学校概要アクセスHPガイドライン学校便り巻頭言登校証明書幼小連携わんぱく相撲防災マニュアル学年便りSNS学校ルールいじめ防止基本方針同窓会地域・地区行事予定表三日メンズ学校パワーアップeライブラリ※ お知らせTPC活用プログラミング教育日本語指導'19 バックナンバー'20 バックナンバー'21 バックナンバー

保護者用ページへのログイン

お知らせ/谷桃子バレエ団文化芸術体験教室

210611(金)
◯令和3年度文化庁「子供のための文化芸術体験機会の創出事業」
001 谷桃子バレエ団文化芸術体験教室が決定しました。
日時/令和3年7月6日(火) 3・4校時
場所/三日小体育館
対象/三日小5年生(3校時)・6年生(4校時)
内容/1 事前ワークショップ体験
   2 公演観賞体験「白鳥の湖」ダイジェスト版

<文化庁子供のための文化芸術体験機会の創出事業とは>
<谷桃子バレエ団とは>
 

お知らせ/あおもり JOMON GYOMO プロジェクト参加決定

210603(木)
◯「あおもり JOMON GYOMO(縄文漁網) プロジェクト」に三日小が参加決定しました。
<プロジェクトのあらまし>
001
<今後の予定>
1 青森県の小学校とオンラインで授業交流
・日時/令和3年6月29日(火)
    3校時~6校時
・場所/本校体育館
・対象/三日小の6年生全員
・交流校/青森県八戸市立是川小学校の5・6年生45名
・コーディネーター/
 東京芸術大学准教授・渡邉五大先生と研究室グループ
・内容/縄文時代の作り方で漁網を編む
2 三日小展覧会で6年生の学年作品として展示する。
3 展覧会終了後、作品を青森県へ寄贈し、八戸市立学校の作品と合体させ、青森県立美術館で展示する。(令和4年10月~11月)

◯八戸市是川石器時代遺跡/縄文遺跡群/世界遺産登録(今年7月予定)おめでとうございます。

210603(木)
◯北海道・北東北の縄文遺跡群/世界遺産登録記念プロジェクト参加について
「大人向け」案内
01
「子ども向け」案内
001

▲東日暮里幼稚園の交流先である東京芸術大学の研究室からのご紹介により、三日小の6年生が縄文遺跡群に位置する是川小学校と授業交流することになりました。
 

お願い

210506(木)
◯電話連絡による学校への問い合わせについて
 教員の長時間勤務を見直し、子どもと向き合う時間を確保するため、荒川区全体で以下のような対応が始まりました。ご理解・ご協力をお願いいたします。
 学校への電話連絡について
◇月曜日から金曜日まで(学校業務日)
 午前8:00~午後6:00まで
 これらの時間帯を除く平日夜間等については、お問い合わせには対応できません。特に朝の時間、担任は教室で授業の準備をし、登校する子どもたちを迎えています。
※土曜授業や学校行事を実施する場合、上記時間帯と異なることがあります。
※教職員が退勤している場合など、出退勤状況により、上記時間帯であっても電話に対応できない場合があります。
※児童の欠席等の連絡は、「保護者用ページ」から入力をお願いいたします。保護者用ページへのログインIDやパスワードをお忘れの場合は、学校へ問い合わせてください。
※PCR検査受診等の連絡は、「保護者用ページ」内にコロナ対応専用メールが記されておりますので、ご活用願います。
 

6月号巻頭言

210601(火)
三日小の運動会
 ~心技体・礼儀の習得を目指す~
校長 末永 寿宣
001 保護者の皆様、地域の皆様、ご多用の中、ご参観いただきありがとうございました。そして、PTA役員の皆様、三日メンズの方々のご協力に、心より感謝申し上げます。また、学校の周辺にお住まいの方々、連日大きな音でご迷惑をおかけしました。ご協力いただきありがとうございました。
 コロナ禍での難しい状況で、今年の運動会を迎えました。昨年同様、学年ごとの開催となり、出入り等でお手数をおかけしました。ご協力ありがとうございました。
 子どもたちの熱中症予防のため、演目中はマスクを外し、演目の間に細目に水分補給を行うことで、熱中症を予防することができました。子どもたちの元気いっぱいの姿で、私たち大人が勇気をもらいました。
 ご支援いただきました皆様に感謝の気持ちを込め、子どもたちの活躍をプログラム順に振り返ります。

6年<行進・開会式・短距離走・リレー・三日ソーラン・応援団>
002
 姿勢を正し、整然と行進する姿は、三日小の最高学年としての風格が漂っています。
 選手宣誓の声が、会場に響き渡り、6年生の代表として、頼もしい限りです。代表児童が、友だちとの絆の大切さ、運動会ができることへの感謝の気持ちを発表しました。そして最後に「コロナ禍、自分たち一人一人が強い気持ちをもって、今日参観に来られた皆さんに元気をあたえられるよう、全力で頑張りたいと思います。」と結びました。とても堂々としていて、最高学年の代表として立派でした。
 三日ソーランは、躍動感ある踊りで会場を魅了しました。ハッピの中に着ているTシャツは、「絆」の文字が描かれており、人の絆の大切さを表しています。
 応援団は、赤白問わず、6年生だけで構成されています。三日小の伝統を受け継ぎ、お世話になっている全ての方にエールを贈りました。
003
3年<三日よさこい鳴子おどり>
 よさこい鳴子おどりは、高知県発祥の伝統の踊りです。今回踊る「よっちょれ」は、よさこいの中でも、とびぬけて活気あふれる踊りです。大きな動きと力いっぱいの鳴子の音で、よさこい祭りのにぎやかさを表現しました。
1年<Happiness 2021>
 1年生にとって、初めての三日小の運動会でした。キラキラのポンポンを手に、リズムに合わせて元気いっぱい楽しく踊りました。
004
4年<心を燃やせ!FIRE FLAG>
 フラッグダンスに挑戦しました。2色の旗を使い、一人一人の動きが合うように、一生懸命練習しました。学年が一体となって、燃え上がる炎のようなダンスを踊りました。
2年<1・2・3 ~みんなのえがおをゲットだぜ>
 1年生が入学して、お兄さん、お姉さんになった2年生は、学校での過ごし方がとても立派になりました。今年の表現は、タンバリンを使ったダンスを踊りました。
005
5年<One Heart One Mind
~心をひとつに心をつなぐ~>

 三日小の伝統である組体操は、コロナ禍で、仲間と一緒に手を繋ぐことはできません。しかし、どんなに離れていても、心は一つ。心と心を繋いで表現しました。「自分が今日できる精一杯のことを見つけ、できるだけのことをする」「一人一人が昨日よりも輝きを放つ」ために、ここにいる全ての人たちの心を揺さぶることを目指して、演技しました。
5・6年<閉会式>
 終わりの言葉では、「今まで苦手なことやできないことを繰り返し練習することが嫌いでしたが、一つ一つのことに挑戦し、できるようになることで、大きな達成感や充実感を味わうことができました。自分たちを支えてくれている家族や先生、地域の人たちに、心から感謝を伝えたいです。」と、感謝する心の大切さを後輩の5年生にしっかり引き継ぎました。
006
 これからも、コロナ禍、熱中症対策を施しながら、子どもたちの安全・安心に努めてまいります。今後とも、保護者・地域の皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。
 

お願い/「欠席」等の連絡について

210405(月)
◯児童の「欠席・遅刻・早退」連絡について
→これまで、お子様の欠席や遅刻、早退等の連絡を電話や連絡帳でお受けしておりましたが、朝の時間帯に担任が直接、電話応答できないこと、感染症の関係で連絡帳の扱いについて保護者の方から不安の声をお寄せいただいていることから、検討を重ねてまいりました。
→つきましては、学校ホームページよりサービス利用が可能となりましたので、お知らせします。

・2021年 3月1日(月)より、ホームページにて受付を開始しました。
当日の午前8:15までに、情報を入力してください。電話での連絡はご遠慮ください。ご協力をお願いします。
・ご連絡がない場合は、学校から問い合わせをすることがあります。
・午前8:30に入力を確認いたします。それ以降は、従来どおり、電話にてご連絡ください。

◯保護者用WEBサービスの開始について
0001
0002


【WEBサービス利用法】
1 三日小学校ホームページのトップ画面にある画面「A」に、ログインIDとパスワードを入力してください。(ログインID/半角小文字=sannichi パスワードは2021年4月5日(月)までに学校配信メールでお知らせいたします。)
2 「ログイン」ボタンを押すと、画面「B」が同じページに表示されます。
3 お子様の「学年」「組」をプルダウンから選び、お名前を漢字で記入してください。お子様の名前の漢字が入力できない場合は、ひらがなで入力してください。
4 「欠席」「遅刻」「早退」の中から選んでいただき、○印をクリックします。「理由などコメント」欄にも記入し、「決定」ボタンを押してください。
5 送信確認の返信メールは、システム上、現段階ではできません。※学校が受信できていない場合やタイムラグがある場合は、これまで通り、担任より確認の電話をいたします。予めご了解願います。
 

緊急のお願い/家庭内感染予防について

201221(月)
◯家庭内感染予防のお願い

ご家族の方がPCR検査を受診する段階で、必ず学校にご連絡ください。校内感染を最小限に食い止めるには保護者の皆様のご協力が不可欠です。

Your family be the stage which has a PCR check, and please be sure to make a contact to school. Everybody's cooperation of a guardian is indispensable to stop infection in the school in a minimum.

在家族PCR检查受诊的阶段,必定为学校请联络。在要最小限度上(里)控制住校内感染家长的大家的合作不可缺少。

가족 분들이 PCR 검사를 진찰하는 단계에서 반드시 학교에 연락해주십시오. 교내 감염을 최소화에는 보호자의 여러분의 협력이 필수적입니다.

जब आपके परिवार की पीसीआर परीक्षा होने वाली हो तो कृपया स्कूल से संपर्क करना सुनिश्चित करें। ऑन-साइट संक्रमण को कम करने के लिए, माता-पिता का सहयोग आवश्यक है।

▼東京都新型コロナウィルス感染症対策サイト
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

▼厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の特徴や治療法など、最新の情報を「10の知識」として発表しました。(10月29日)
→新型コロナの「10の知識」公表
▼荒川区ホームページで発表されています通り、区内の公共施設や幼保小中学校で感染が続いています。家庭内感染予防に今一度ご注意願います。
→荒川区内での感染状況

<新型コロナ>寒い環境でも常に換気を 予防対策のポイント
 

保護者の皆様へ

◯ホームページをスマートフォン等でご覧いただくときは、以下の窓口からお入りください。
1 検索サイトで検索する
 「荒川区立第三日暮里小学校」→左下の赤丸をクリックしてください。
01
2 下のQRコードをスマートフォン等のカメラで読み込んでください。
01
【注意】パソコンモードでご覧ください。携帯電話モードでは、全体が表示されない場合があります。