【教育目標】 考える子・たくましい子・思いやりのある子


 夕焼け小焼けの作詞・中村雨紅先生ゆかりの学校校名
ARAKAWA - DAISAN - NIPPORI - ELEMENTARY - SCHOOL
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里3丁目10番17号
 電話 03-3891-6307 FAX 03-3801-9816
 
 
体力向上チャレンジがスタートします。
211021(木)
◯体力向上チャレンジがスタートします。
01
▲様々な運動に進んで楽しく取り組むことで、平衡感覚や握力、敏捷性などのレベルアップを目指します。

期間/11月15日(月)~30日(金)
時間/午前10時30分~10時40分(中休み)
方法/体育チャレンジカードの種目に取り組む
種目/
→一輪車(1m、5m、10m)
→登り棒(半分まで、上まで)
→竹馬(5歩、10歩、30歩)
→うんてい(3本、半分まで、最後まで)
→フラフープ(10秒、30秒、60秒)
 

本日の来場者数

COUNTER756←毎日リセットされます
6年生/算数/反比例のグラフ
211020(水)
◯6年生/算数/反比例のグラフ
01
▲反比例の関係をグラフに表す学習です。
 6年生の「比例と反比例」の学習は、「数量の処理・演算」から「数量関係の表現」という小学校算数から中学校数学への移行単元、「中学校数学への入り口」です。
 特に、比例・反比例をはじめとする関数の学習では、ともなって変わっていく数量の中に規則性を見出し、表現・考察する力を付けることが大切です。
 そのため、ともなって量が変わることを算数的活動を通して十分に体感させます。それを表やグラフに表すことで、変化を具体的にとらえることができ、変化への気付きや規則性を見出すことが期待できます。
 本校の6年生は、ペア学習を取り入れ、お互いに教えあい、理解を深めています。
 
5年生/図工「学年作品」の制作
211019(火)
◯5年生/図工「学年作品」の制作
01
▲完成予想図を見ながら、説明を聞きました。体育館に通じる階段の側面に貼り付け、遠くから見ると一枚の絵として作品が浮き上がります。
02
▲かなり大きな作品になりそうです。展覧会が終わっても、常設展示として飾っておきたいです。子供たちの力作に期待しましょう。
 
全校朝会/表彰/校内読書感想文コンクール
211018(月)
◯全校朝会/表彰/校内読書感想文コンクール/最優秀賞
01
▲優秀賞は、各クラス1名が選ばれ、その中から、最優秀賞として、各学年1名が表彰されました。最優秀賞を受賞した子どもは、学校代表として荒川区のコンクールに出品いたします。
02
001▲受賞した26名には賞状が授与されました。また、最優秀賞を受賞した学年代表の子どもには、特性の盾も授与されました。みんなの前で受賞した子どもたちは、みな誇らしげです。表彰により自信をつけ、更に躍進することを期待しています。
 
6年生/道徳「手品師」/誠実に生きるとは
211018(月)
◯6年生/道徳「手品師」/誠実に生きるとは/荒川区2年次研修会
01
▲自分自身に正直、誠実に過ごそうとする心情を育てることをめあてに授業を実践しました。
02
▲「手品師が大舞台のステージに立てると聞いたとき、どんなことを考えていただろうか」「手品師は、どうしてせっかくのチャンスである大舞台ではなく、たった一人の男の子の前で手品をすることを選んだのか」/子供たちの葛藤を汲み取り、「誠実」という言葉の意味を考えて、実生活に結びつけるように指導しました。
 
6年生/校内陸上記録会
211015(金)
◯6年生/校内陸上記録会
01
▲全校児童が見守る中、6年生の選手宣誓が始まりました。「宣誓、第三日暮里小学校6年生が集い、第2回校内陸上大会を開会します。今までの練習を生かし、力いっぱい正々堂々と、ルールを守り、最後まで頑張ることを誓います。」
02
▲児童代表/初めの言葉
→「僕は、この校内陸上大会に向けて目標としてきたことは、ハードル走で頭の位置を変えずに走り越すことです。他の種目は、800m走、80m走、代表リレーがあります。どの人も、それぞれの目標に向かって努力してきた成果を、下級生や家族の皆さん、先生方に見せていきましょう。また、今回の校内陸上記録会は、六年生全員が、大会運営の役割をになっています。次に続く下級生のお手本になれるよう力を合わせて頑張っていきましょう。」
→「私は、校内陸上大会では、リレー代表をつとめます。リレーでは、バトンパス練習に力を入れました。なぜなら、リレーは、一人の力で勝ち取るものではなく、みんなで力を合わせることが大切な競技だからです。練習の結果、完ぺきなタイミングで受け渡しができるようになりました。六年生にとって今回の行事は、連合運動会に代わる大切な行事になります。当日まで指導や準備、そして大変な時期なのに、このような場をつくってくださった校長先生をはじめとした先生方、私たちのことを毎日気遣ってくれる家族の皆さん、そのすべての人たちへ感謝の気持ちをもって、六年生で力を合わせ、今日の会を大成功させていきましょう。六年生のみんな頑張るぞー」
03
▲代表リレー
04
▲80m走
05
▲ハードル走
05
▲大会運営も自分たちでこなしました。写真は進行係です。その場で応援もします。
07
▲800m走、男女とも歴代校内記録を上回る新記録が出ました。おめでとうございます。
06
▲児童代表/終わりの言葉
→「私たちは、今日の校内陸上大会に向けて、種目別に分かれて、仲間で力を合わせて練習してきました。私は、ハードル走にエントリーして、前傾姿勢で走り越すことや振り上げ足をまっすぐ伸ばして跳ぶことを意識して本番を迎えました。また、自分たちで係を決め、会の運営も行いました。今日は、自分のもてる力を出しきり、大きな達成感を感じています。皆さんもきっと同じ気持ちなのではないでしょうか。」
→「私たちは、この大会での経験をいかし、11月の展覧会も成功させていきたいです。三日小の最高学年として、責任をもって行動することや進んで取り組む姿を下級生に示していきます。そして、三日小の次の最高学年となる五年生へバトンをつないでいきます。今年は、連合運動会が中止となり、校長先生たちのおかげで、校内陸上大会という形で開催されました。大会の準備や運営に協力してくださった先生方、本当にありがとうございます。また、今日参観してくださった保護者の方々、下級生の皆さん、時間がない中、私たちのために、声援や拍手を送っていただきありがとうございます。私たち六年生は、これからも感謝の気持ちを忘れず、三日小の最高学年として前進していきます。」

※競技の内容や記録、取り組み姿勢はもちろん、これだけの長文を暗唱し、みんなの前で堂々とスピーチする代表児童のすばらしさを改めて感じました。
 
1年生/図工/学年作品に取り組みました。
211015(金)
◯1年生/図工/学年作品に取り組みました。
001002
▲1年生の学年作品はカラフルな絵皿です。クレヨンでしっかり色付けするのは、結構力がいります。模様を引き立たせる色使いも工夫のしどころです。
 
4年生/図工「ほって、すって、見つけて」
211015(金)
◯4年生/図工「ほって、すって、見つけて」~多色刷に挑戦
01
▲バレンに一点集中、腰を入れてこすります。苦労して彫刻刀で彫り上げた作品に、初めて色をのせ、印刷用紙をかぶせて刷り上げます。
02
▲刷り上がった作品を見せてくれました。自慢の作品は、展覧会で是非鑑賞してください。
 
1年生/プログラミング/タブレットPC活用
211015(金)
◯1年生/プログラミング/タブレットPC活用
01
▲1年生から一人一台のタブレットPCを活用し、プログラミングを学んでいます。自分でログインし、プログラミングソフトを立ち上げて、試行錯誤しながら、基本の操作から自分で工夫して画面をタッチペンで操作します。タブレットを使った授業は楽しいですかと子どもに問うと「とておもおもしろい」との答えでした。
 
オーストラリア国際交流/スタッフ打ち合わせ会
211014(木)
◯オーストラリア国際交流/スタッフ打ち合わせ会
01
▲オンラインで初めて相手校の先生方とお話をしました。荒川区からオーストラリアのリトルグローブまでは、約 8,189 kmです。時差は1時間ですから、お互いにストレスはありません。
02
▲南半球にあるオーストラリアは、季節が日本と反対です。これから子どもたちは、交流を通じて、地理や歴史、環境など、グローバルに学習していきます。
02
▲画面の上、左からリトルグローブ小学校の校長先生、日本語クラスの担任の先生、現地スタッフの方です。画面上で両校の校長が握手を交わしました。
 

今日のトピックス

◯三日小の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

連携幼稚園・保育園



yuuyake


guro-baru

ういず
 

アクセスカウンタ

Total=451320 (190331まで=212003)

MUNE

感染症対策学校概要アクセスHPガイドライン学校便り巻頭言登校証明書幼小連携わんぱく相撲防災マニュアルSNS学校ルールいじめ防止基本方針同窓会地域・地区行事予定表三日メンズ学校パワーアップeライブラリ※ お知らせTPC活用プログラミング教育日本語指導'19 バックナンバー'20 バックナンバー'21 バックナンバー

保護者用ページへのログイン

お知らせ/新一年生の辞書カバーについて

01211009(土)
 ◯新一年生保護者の皆様へ
<辞書カバーの作り方>
    本校では、子どもたちの語彙力向上のため、1年生より辞書引き学習法を取り入れています。自分専用の国語辞典を活用し、知っている言葉をどんどん付箋に書き出し貼っていきます。平仮名と片仮名を学習する段階から国語辞典に親しむことで、学習意欲が高まります。
    保護者の皆様が、辞書カバーを手作りしていただくことで、子どもが自分の辞書を大切にするようになります。
→三日オリジナル(簡単バージョン)をご紹介いたします。参考にしていただき、作成をお願いいたします。

◯材料/
→布(キルティングなど)=23.5cm×52cm(含む/ぬいしろ、上下それぞれ2cm、左右1cm)
 ※出来上がり寸法=19.5cm×34cm
→持ち手=持ち手テープ(カバン用テープ)2.5cm幅×30cm×2本
→ひも= 15cm×2本(閉じるために使います)

◯作り方
1 寸法(23.5cm×52cm)通りに布を裁つ。
2 周囲4辺を布のほつれ防止のために、ミシンでジグザグに縫う。あるいは、ほつれ止めに端から0.5cmのところを一回り直線縫いで縫っておく。
3 短辺(見返し部分)の始末をする。1cm折って、折った端から0.1~0.2cmのところにミシンをかける。
4 「持ち手」を縫い付ける。
→布を表に開いた状態で端から5cm・12cmのところ
5 左右の見返しを表側に折り、縫う。
→上下のぬいしろは2cm
6 見返しを表にひっくり返して、上下中央部にステッチをする。
7 左右にステッチ。直線縫いをしながら、持ち手をミシンで押さえ、中央部にひもを挟み込んでとめる。

001

※一般のサイトにも作り方がいろいろ掲載されています。上記の作り方に固守することなく、作りやすいやり方で試してください。
 

お知らせ/令和3年度展覧会について

211008(金)
◯展覧会のお知らせ
 下記のとおり展覧会を開催致します。是非直接ご来校いただき、ご鑑賞ください。
 今年度は「紡ぐ思い、織りなす世界、つながる道~みんながアーティスト」というテーマで開催致します。子どもたちの思いが込められた作品をお楽しみください。
 コロナ禍ですので、三密を避けるために学年ごとに時間を設定いたしました。来校時には、検温・手指消毒にご協力願います。

◯日時/11月12日(金)=児童鑑賞日<保護者の方は13日においでください>
→11月13日(土)
=保護者鑑賞日/9:00-15:00
 →1年生保護者=9:00~9:30/12:00~12:30
 →2年生保護者=9:30~10:00/12:30~13:00
 →3年生保護者=10:00~10:30/13:00~13:30
 →4年生保護者=10:30~11:00/13:30~14:00
 →5年生保護者=11:00~11:30/14:00~14:30
 →6年生保護者=11:30~12:00/14:30~15:00
※受付は鑑賞時間10分前、兄弟学年はどちらの時間でも鑑賞可能です。
◯場所/三日小ロビー・階段・体育館
◯お願い
→ご来校の際は上履きをご持参願います。
→作品にはお手を触れずご鑑賞ください。
→13日(土)は、土曜授業日ですが、コロナ禍のため授業公開は行いません。展覧会のみの公開となります。
 

お知らせ/いじめ防止保護者講演会の開催について

211008(金)
<いじめ防止のための保護者講演会の開催について>
◯日時/12月4日(土)/3校時(10:25~11:10)
◯場所/三日小体育館
◯対象/三日小保護者の皆様
◯講師/第一東京弁護士会の弁護士の方
◯内容/いじめは一体どんな事態を引き起こしてしまうのか、いじめを止めるにはどうしたらいいのか、弁護士が実際に過去に起きてしまったいじめ事案や裁判例を紹介し、保護者の対応方法について講演いたします。
※上履きをご持参ください。
※受付で検温・手指消毒・クラス名簿チェックのご協力をお願いします。
※小さなお子さんの同伴も可ですが、保護者の方の安全管理をお願いします。

◯いじめ防止授業
→同日、2校時に5・6年生の教室で「いじめ防止授業」を行います。4つのクラスに弁護士の方が一人ずつ担当していただきます。
※コロナ禍のため、授業の保護者参観は行いません。保護者の方は、講演会のみの参加となります。

 

10月号巻頭言

210930(木)
◯三日小の「ものづくり体験」/芸術の秋を感じる
~図工・家庭科の作品作りを通して
校長 末永 寿宣
 図工や家庭科、生活科等を通して、子どもたちはアイディアを駆使し、作品を作っています。学習活動としての作品作り、夏休みの自由研究など、あらゆる場面で「ものづくり」を体験することで、作る楽しさを味わい、興味・関心が高まります。この機会に、私たち大人が、子どもの得意なことを認めたり、仕事や職業について話し合ったり、調べてみたりすることで、将来の仕事や職業に対して意識を高めることができます。
 本校では、東京芸術大学と連携した教育活動にも取り組んでいます。「芸術の秋」を感じる作品作りを工夫し、「三日小の特色ある教育活動」を実践してまいります。以下9月に活動した内容を振り返ります。

01
◯1年生「あめ おいしい!」
▲自分の似顔絵をかいて、自分の手形を切り抜いて、好きなものを食べている様子を立体で表現します。平面の絵と立体の食べ物がまざりあって、ユニークな作品に仕上がります。
◯2年生「かぶって へんしん」
▲お面を被る自分の姿をイメージしながら、素敵な作品の完成を目指して取り組んでいます。独創的な作品に仕上がってきました。
02
◯生活科「動くおもちゃをより良くしよう」
▲どこをどう工夫すれば、良くなるか?「じょうぶにしたいけれど」、試行錯誤が続きます。辛抱強く、改良します。
 ◯3年生「ふしぎな乗り物」
▲思いついた不思議な乗り物を描いています。カタツムリや鰻に自分が乗って、縦横無尽に動き回る絵も登場しました。子供の発想は、実に豊かです。
03
◯4年生「ほって すって 見つけて」
▲彫刻刀の正しい使い方を学んでいます。三角刀と丸刀を使って、両手で持つこと、まっすぐ前に刀を進ませることがポイントです。子どもたちは集中し、作品に向き合っています。
◯5年生「3D ワンダーランド」
▲電動のこぎりを使って、板を思い思いの形に切り抜き、重ね合わせることで、遠近を出します。自分が描いた設計図を元に、遠・中・近を部品として取り出します。
04
◯6年生「れんがのお城
▲テラコッタの粘土を使って、素焼きの焼き物を作っています。素材の煉瓦をつくり、自分が想像する建造物をつくりあげます。
◯6年生「あおもり縄文プロジェクト」
▲図工の時間にグループごとに編み上げた漁網をつなぎ、円の中心に収めました。苦労したけれど、丁寧に編んだ漁網は、芸術作品としても立派です。
05
◯家庭科「刺し子ブックカバー作り」
▲ミシンで布の端を縫い、仕上げます。苦労した分だけ、愛着がわくでしょう。完成が楽しみです。
◯夏休みの作品「始業式でお披露目」
▲夏休みの自由作品を机の上に大切に置いて、報告の出番を待っています。趣向を凝らした作品が出揃いました。

 2学期、9月の主な取り組みをご紹介しました。「学校の新しい生活」を安全に、より充実させるため、新型コロナウイルス感染症を予防しながら、「学びを止めない」ために最善を尽くします。
 今後とも、保護者・地域の皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。
 

お知らせ/4年生/下田臨海学園代替行事について

210924(金)
◯延期になっておりました4年生の下田臨海学園代替行事を以下の通り、再設定しましたのでお知らせいたします。

◇4年生/下田臨海学園代替行事
日時/11月16日(火)8:30-15:00
→場所/キッザニア東京→公式ページへ 
 ※感染状況によって、中止となることがあります。
 

お知らせ/移動教室予定について

210721(水)
◯移動教室予定について
 コロナ禍、子どもたちの体験活動を維持し、学びを止めないために、移動教室が以下の通り計画されておりますので、お知らせいたします。
 ただ、今後、新型コロナウイルス感染状況によっては、中止となるこもありますので、予めご承知ください。

◇5年生/清里移動教室
 →日時/11月4日(木)~5日(金)1泊2日
 ※感染状況によって、中止となることがあります。

◇6年生/下田移動教室
 →日時/12月6日(月)~7日(火)1泊2日
 ※感染状況によって、中止となることがあります。
 

お願い/アナウンス電話が設定されました

210506(木)
◯電話連絡による学校への問い合わせについて
 教員の長時間勤務を見直し、子どもと向き合う時間を確保するため、荒川区全体で以下のような対応が始まりました。ご理解・ご協力をお願いいたします。
 学校への電話連絡について
◇月曜日から金曜日まで(学校業務日)
 午前8:00~午後6:00まで
 これらの時間帯を除く平日夜間等については、お問い合わせには対応できません。特に朝の時間、担任は教室で授業の準備をし、登校する子どもたちを迎えています。
※土曜授業や学校行事を実施する場合、上記時間帯と異なることがあります。
※教職員が退勤している場合など、出退勤状況により、上記時間帯であっても電話に対応できない場合があります。
※児童の欠席等の連絡は、「保護者用ページ」から入力をお願いいたします。保護者用ページへのログインIDやパスワードをお忘れの場合は、学校へ問い合わせてください。
※PCR検査受診等の連絡は、「保護者用ページ」内にコロナ対応専用メールが記されておりますので、ご活用願います。
 

お願い/「欠席」等の連絡について

210405(月)
◯児童の「欠席・遅刻・早退」連絡について
→これまで、お子様の欠席や遅刻、早退等の連絡を電話や連絡帳でお受けしておりましたが、朝の時間帯に担任が直接、電話応答できないこと、感染症の関係で連絡帳の扱いについて保護者の方から不安の声をお寄せいただいていることから、検討を重ねてまいりました。
→つきましては、学校ホームページよりサービス利用が可能となりましたので、お知らせします。

・2021年 3月1日(月)より、ホームページにて受付を開始しました。
当日の午前8:15までに、情報を入力してください。電話での連絡はご遠慮ください。ご協力をお願いします。
・ご連絡がない場合は、学校から問い合わせをすることがあります。
・午前8:30に入力を確認いたします。それ以降は、従来どおり、電話にてご連絡ください。

◯保護者用WEBサービスの開始について
0001
0002


【WEBサービス利用法】
1 三日小学校ホームページのトップ画面にある画面「A」に、ログインIDとパスワードを入力してください。(ログインID/半角小文字=sannichi パスワードは2021年4月5日(月)までに学校配信メールでお知らせいたします。)
2 「ログイン」ボタンを押すと、画面「B」が同じページに表示されます。
3 お子様の「学年」「組」をプルダウンから選び、お名前を漢字で記入してください。お子様の名前の漢字が入力できない場合は、ひらがなで入力してください。
4 「欠席」「遅刻」「早退」の中から選んでいただき、○印をクリックします。「理由などコメント」欄にも記入し、「決定」ボタンを押してください。
5 送信確認の返信メールは、システム上、現段階ではできません。※学校が受信できていない場合やタイムラグがある場合は、これまで通り、担任より確認の電話をいたします。予めご了解願います。
 

保護者の皆様へ

◯ホームページをスマートフォン等でご覧いただくときは、以下の窓口からお入りください。
1 検索サイトで検索する
 「荒川区立第三日暮里小学校」→左下の赤丸をクリックしてください。
01
2 下のQRコードをスマートフォン等のカメラで読み込んでください。
01
【注意】パソコンモードでご覧ください。携帯電話モードでは、全体が表示されない場合があります。