お問合せ先

荒川区立第四中学校
〒116-0002
東京都荒川区荒川6-57-1
電話 03-3895-7334
FAX 03-3819-6815

 

カウンタ

アクセス総数1498587

学校ホームページ外国語版

登校証明書

 感染症の罹患が疑われる場合、罹患が確認された場合には、以下の証明書をダウンロードし、医療機関で証明書を作成いただき、学校へ提出ください。
 なお、基礎項目(名前等)は保護者の方があらかじめご記入ください。
(様式1)登校証明書.pdf

 

平成31年度 学校案内


 ご希望の方は本校副校長まで
お気軽にご連絡ください。

 

お知らせ

音楽部 校内演奏発表会 10月10日(土)
コロナ禍で沈みがちな日常を吹き飛ばす、素敵な演奏を
ありがとう。

 

本年度はコロナ禍により、文化祭等の行事が実施できない状況が続いています。音楽部も、その成果を発表する機会が持てずにいました。そこでこのたび、10月10日(土)の生徒総会後の時間帯を使い、校内向けの演奏発表会を行うことにいたしました。

 

 

 

当日、それまで生徒総会で緊張していた雰囲気が一変、体育館は音楽部のためのコンサート会場となりました。それを聴く生徒たちも、拍手はもちろん、メンバー紹介ではそれぞれの生徒に声援を送るなど、演奏会を盛り上げてくれました。アンコールでは「夜に駆ける」を披露、最近のコロナ禍で沈みがちだった日常を吹き飛ばすような、明るく楽しいひとときを過ごすことができました。

音楽部のみなさん、素敵な演奏をありがとうございました。

 

演奏曲

1 Happiness

2 アメイジング・グレイス

3 道化師のギャロップ

4 カルメン抜萃曲

5 アンダー・ザ・シー

【アンコール】

 6    夜に駆ける

 

 

 

お知らせ

道徳授業地区公開講座“教育講演会&ミニコンサート” 10月8日(木)
“自分にあきらめない生き方”をテーマに、考えるきっかけになりました

 

 

昨年度から中学校でも(小学校は一昨年度から)「特別な教科 道徳」がスタートし、本校でもそれに対応した道徳授業づくりに取り組んでいます。そうしたなか、今年の「道徳授業地区公開講座」では、シンガーソングライターの風見穏香さんをお招きして、道徳の授業と関連させての教育講演会とミニコンサートを実施しました。

 


 

テーマは“自分にあきらめない生き方”。しかし、堅苦しいものではなく、風見さんのこれまでの経験をユーモアを交えながら明るく話す語りや、そうした思いを込めて作った自身の楽曲をすてきな歌声に乗せて聴かせる歌詞からは、「自分を大切にする」というメーセージがしっかりと伝わってきました。おかげさまで、そのあと行う道徳の授業に向けて、今回のテーマと向き合い考えるきっかけとなりました。

 
 


音楽部のメンバーの演奏(さらに教職員の歌声)を加えてアンコールをしていただくなど、コロナ禍で行えなくなっていた、全校生徒で同じ時間を共有することができ、楽しいひとときともなりました。

 

風見穏香さん、本校のためにおいでいただき、誠にありがとうございました。

 

 

風見穏香さん プロフィール

茨城県古河市出身境町在住。

「自分にあきらめない」がモットー。

人生に何度も挫折するが、もがきながら、悩みながら、幸せに生きる”ヒント”を歌で届けつづける。自身の経験からライブ活動のみならず不登校生支援や学校/施設での講演、子ども食堂など様々な社会活動も行なっている。

FMIS(エフエムイズ)ラジオパーソナリティー

家族支援カウンセラー

魔法の質問キッズインストラクター

 

お知らせ

令和2年9月23日 

小学校6年生児童保護者の皆様

荒川区立第四中学校

校 長 稲 葉 裕 之

 

「第四中学校 学校説明会」のお知らせ

 

 

仲秋の候、小学校6年生児童保護者の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、本校では下記の要領で「学校説明会」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

 

 

1.日時   令和2年10月10日(土) 午前11時から11時40分まで

 

2.場所   本校1階 ランチルーム

 

3.主な内容(予定)

(1) 学校紹介DVD放映

(2) 校長挨拶

(3) 本校の学習について

(4) 生活指導、部活動について

(5) 質疑応答(説明会終了後、希望する方には個別のご相談をお受け致します。)

 

4.その他

(1) 新型コロナウィルス感染防止のための対策を行っております。

校内でのマスクの着用をお願い致します。

(2) お手数ですが、筆記用具と上履き、靴袋(下足入れ)をご持参ください。

 

〔お知らせ〕

○新入生保護者説明会  2月15日(月)

15:40~16:30

※説明会以外の日でも、随時ご説明いたします。

 

《問い合わせ先》   

副校長 豊  田   明 

TEL3895-7334

FAX3819-6815

 

 

お知らせ

離任式 9月18日(金)

お世話になった先生方に感謝を込めて 

 

5月の学校だよりでもお知らせしたとおり、本年度も多く教職員が本校を去られました。その方々のこれまでのご貢献に感謝を込めて、コロナ禍のため9月になってしまいましたが、9月18日(金)、離任式を開催いたしました。


 

ご公務やご家庭の御事情等でご都合のつかない方もいらっしゃいましたが、4名の先生方にお越しいただけました。

それぞれの先生方からは、本校での思い出や四中生に向けてのお言葉などお話をいただきました。生徒からは、感謝の言葉とともにお手紙と花束を贈呈させていただき、本校で聴く最後の校歌でお別れをしました。


 

 3年前、創立70周年を迎えた校は、今もその歴史を積み重ねています。その間、多くの生徒がこの学校で学び、巣だっていきました。それはちょうど、そのときどきに在籍した生徒たちが四中というバトンをつないできたようなものです。もちろん、それは生徒だけではありません。先生・職員の方も、その勤務していた時々に、学校をよりよいものにするために、四中の生徒のために、ご努力をされ、そのバトンを繋いできました。そうしたおかげで、今日(こんにち)の四中があります。この3月で去られた先生方もまた、四中の生徒のためにご尽力してこられました。そうした、これまでのご努力に感謝したいと思います。これからも健康に留意され、新しい職場・新しい道でご活躍されることを心よりお祈りいたします。本当にありがとうございました。


 

ご参加いただいた先生方(カッコ内は本校在職年数)

宮沢 亨 校長先生 (6年)経営         再任用終了

飯島和弘 副校長先生(1年)経営    退職

前田俊夫 先生   (4年)特別支援  転出

佐藤三枝 先生   (6年)国語    転出

 

お知らせ

新役員と共に、四中をよりよい学校に 9月12日(土)

生徒会役員選挙 オンライン立会演説会・投票

 

1・2年生から生徒会の新役員を選ぶための、立会演説会及び投票が9月12日(土)に行われました。今年は、体育館での“長時間の集まり”を避けるため、“スタジオ”となっている数学科室からのオンラインによる立会演説会とし、各教室で視聴する形式での実施としました。この運営には、前回の政見放送も担当している、3年の吉田真守くん、2年の小河敬栄くんと金 奈妍さんの力によるところが大きく、今回も慣れた手つきで機器を操作してくれました。

 

 

各候補者とその応援者は、四中への思いとこれからの抱負について、自分の言葉で訴えていました。その姿から、どの候補者もこれからの四中生徒会を託すにふさわしい人たちであると感じました。

 

 

 

 

その後の投票では、当日は、荒川区選挙管理委員会事務局にご協力いただき、実際の選挙で使う投票箱と記載台をお借りして投票を行いました。ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

これにより新役員が選出されました。選ばれた皆さん、よろしくお願いします。しかし、生徒会活動は役員だけに任せておくものではありません。生徒会会員である四中の生徒一人一人が、それぞれの立場や役割で支え活動していくものです。自分たちが選んだ新役員を中心として、これまでの実績・活動を引継ぎながら、四中の自治活動をさらに発展させていってくれることを期待しています。


 

お知らせ

日頃から災害に備えるきっかけに 9月1日(火)

防災の日 避難訓練

 

9月1日は「防災の日」。例年であれば二学期最初の日なので、始業式とセットでやるイメージですが、今年はコロナ禍により、6時間授業の後に行うことになりました。久々の訓練でしたが、生徒は素早く移動、整然と校庭に集合する様子をみて、頼もしく思いました。

 

 

9月1日が「防災の日」である理由について、今から約100年前の大正12年の9月1日、関東大震災が起きた日であることは周知のことと思います。それ故、この日は地震発災時訓練が行われます。さらに近年、3.11.東日本大震災や熊本大地震等により地震災害への意識が高まり、荒川区においても、避難所の開設訓練への学校としての参加や、中学校全10校における防災部設立など、地震防災について学ぶ機会が充実してきています。

しかし、実はもう一つ、9月1日が「防災の日」となった理由があります。それは、9月1日が「二百十日」だということです。「二百十日」とは、「立春」から数えて210日目のことで、ちょうどこの時期は台風襲来により農産物、稲などが被害が多くなることから、気をつけなければいけない日、「厄日」(やくび)として昔の人たちは位置づけていました。それが、今の暦で言うとちょうど9月1日頃にあたります。確かに今年も、台風9号が沖縄に接近して大きな被害となり、次の10号も「最大級の警戒」がいわれました。そもそも9月1日が防災の日と決まったのも、関東大震災のときではなく、それから約40年後の昭和34年、伊勢湾台風により多くの死者・行方不明者、住宅の全半壊や浸水などの被害を出て、それを受けて翌年、今からちょうど60年前の1960年に「防災の日」が制定されました。だとすれば、防災の日ができたきっかけは“水害”だったとも言えます。

 

水害について考えたとき、荒川区では荒川及び隅田川の氾濫が心配されています。「荒川区防災地図(水害版)」によれば、本校付近一帯の浸水の深さは「3。0m~5。0m未満」と想定されており、目安としては一般的な家屋の「1階の天井から2階の天井近くまでつかる」くらいの高さです。そのため、3階以上に逃げる必要があります。『荒川区防災地図(水害版)』によるとこの辺りで避難場所となっているのは

・四中 ・峡田小 ・第二峡田小 ・第九峡田小 ・ゆいの森あらかわ ・生涯学習センター 
加えて、災害時地域貢献建築物として
・マークスタワー ・ウエストヒル町屋
があります。

 


以上のような話を、避難訓練後の講話の中でお話しました、昨年もそうでしたが、この時期、台風等による水害の全国各地で聞くことが多くなりました。地震だけでなく水害についても、自分の住んでいる地域の避難場所を確認するなど、備えをしておきましょう。


 

お知らせ

コロナ禍による“新しい生活様式”を前向きに活用して   9月7日(月)~

生徒会選挙 オンライン政見放送

 

生徒会役員のバトンタッチの時期がやってきました。1・2年生の新役員を選ぶ生徒会役員選挙を9月12日(土)に行います。例年、今週あたりは、給食時間中に立候補者の演説を校内放送で行っていました。しかし、“新しい生活様式”のひとつとして、オンライン学習のためにZoomがつかえるようになったことから、選挙演説もこれを使って行うことにしました。

 


 

 


 9月7日(月)の昼休み、電子黒板にタブレットPCを接続して学級ごとに観られるよう設定、数学科室をスタジオにして、第四中学校初の“オンライン政見放送”を行いました。どの候補者もカメラに向かって堂々と話すことができ、観ている生徒にしっかりと伝わる演説になりました。

 



 
尾久初空襲 講演会 9月4日(金)
地元荒川から学ぶ平和学習  尾久初空襲 講演会


本校では、3年間をとおして探求学習に取り組んでいます。現2学年は「平和学習」がひとつのテーマとなっており、来年度は広島への修学旅行も予定しています。先月6日の広島「原爆の日」の全校での黙祷も、それに繋がる体験となりました。そうしたなか、今回は、地元荒川区で活動している「尾久初空襲を語り継ぐ会」の方々にご協力いただき、尾久初空襲についての講演会を行いました。

 

 

太平洋戦争時下の1942年4月、東京や名古屋、神戸などが初めての空襲に見舞われました。このときに、荒川区が被害を受けた空襲が「尾久初空襲」です。その3年後に終戦を迎えるわけですが、開戦からわずか四ヶ月での本土への直接攻撃ということで、日本側の衝撃は大きく、当時は口止めをされ、新聞でも「わが損害は軽微」と報じられました。このため、あまり語られることもなく、地元でも長く忘れられていました。その後、「尾久初空襲を語り継ぐ会」の方々などにより、語り部活動が行われるようになり、改めて知られるようになったのでした。

 

今回の講演会には、

・「尾久初空襲を語り継ぐ会」の広田栄三郎さん

・当時の空襲の体験者で、その語り部として活動している堀川喜四雄さん

・それを紙芝居にして演じる活動をしている、本校卒業生の三橋とらさん

においでいただきました。

三橋さんが演じる紙芝居は、空襲のその日、当時5年生の堀川さんの体験が実に生々しく、自分がそこにいるような感覚になりました。続いて、広田さんから尾久初空襲の概要を説明いただきました。堀川さんには、その時亡くなった友人宛ての手紙を朗読いただくと共に、インタビュー形式で当時のことを語っていただきました。その後、生徒はグループに分かれ、印象に残ったことや感想、そして私たちが今できることについて話し合い、戦争や平和についての考えを深めました。

 

戦後75年が過ぎ、当時の体験者が少なくなるなか、尾久初空襲の語り部も堀川さんだけだそうです。「次の世代に直接伝えられる最後のチャンス」「(これを通じて)真実を見極める目をもってほしい」と三橋さんは語っていました。少しでも理解を深めてもらえればと、この講演会に先立ち、語り継ぐ会の方々が残された数少ない貴重な資料を校内に展示してくださいました。ご協力いただいた方々のそうした思いも含め、今回学んだことをしっかりと受け止め、「平和学習」をさらに進めていきましょう。







 

3年 オンライン夏季学習教室(質問教室)  8月17日(月)
コロナ禍の様々な事態に対応した学習支援に向けて

 

例年、夏休みといえば、長期の休みによる学習習慣の衰え防止や学力の定着のための問題集や、自由な時間があるからこそ取り組める読書や制作などの課題が、宿題として出されていました。しかし、今年は夏季休業期間自体が短く、教育活動休止日を除くと実質一週間ほどとなったため、宿題も限られたものに絞ることになりました。


また、学習の遅れの挽回や学力のさらなる向上につなげるための学習支援として行っていた「学習教室」も、例年、夏季休業のこの時期を当て込んでいる作業(今年は各教室の電子黒板の入れ替え、防災備蓄倉庫の物品交換等)をこの短期間に行うことになり、使用できる教室が限られることなどから、その実施も限られたものになりました。

 

そうしたなか、3年生の夏季学習教室(質問教室)は、今年は“オンライン”で試みを行いました。これは、一つには、このところ高止まりの傾向にあるコロナウイルスの感染者数をかんがみ、学校まで出てくるなどの接触の機会をなるべく減らす意味があります。しかし、それ以上に、あえて3年生で行うことには理由があります。

現在の感染状況とその対応を見ていると、前回のような一斉臨時休業はともかく、感染または濃厚接触の発生等により、一時的な学級・学校閉鎖が起きる可能性は否定できません。そうした事態への備えとして、四中では、6月はじめに行った“オンライン学活”の試験運用での反省を基に、40分の時間制限なくzoomを使用できるよう学校として別途契約するなど、“オンライン学習”を行うための基盤整備をすすめています。そうした事態となったとき、まずは進路を控えた3年生で実施できるよう、その準備を兼ねて、3年生で行うことにしました。

 

 

8月17日(月)は、初日ということもあり、上手く動作せずにご迷惑をおかけしました。翌日18日(火)は、順調に行うことができました。こうしたオンライン学習を、機会を見つけて運用することで、コロナ禍の様々な事態に対しても、途切れないような学習支援ができる備えとしたいと思います。


 

広島「原爆の日」黙祷   8月6日(木)
慰霊と平和への願いをこめて

8月6日、この日は今から75年前の第二次世界大戦末期、日本の広島に原子爆弾が投下された日です。これは、続く9日の長崎原爆投下と合わせ、世界で初めて、かつ人類史上唯一核兵器が実戦で使用された出来事です。これにより、広島では数十万人の方々が亡くなりました。以来、8月6日を広島「原爆の日」とし、かつて爆心地であった平和記念公園で「原爆死没者慰霊式・平和記念式」が行われるなど、被災者の慰霊と世界平和を祈念する日となっています。この日は、例年は夏季休業期間中でしたが、今年はコロナ禍により、図らずも授業日となりましたので、学校でも黙祷を行うことにいたしました。

 

当日は、いつもより少し早めに登校することとし、原爆が投下された時刻である8時15分、放送の指示で各自その場で、死没された方の冥福と平和の確立への祈りをこめ、1分間の黙祷を行いました。その後、片桐先生から校内放送で講話をしていただきました。今後、9日は長崎「原爆の日」、そして15日は終戦記念日となります。生徒の皆さんには、こうした機会に、あたらためて平和について考えるきっかけにしてほしいと思います。

 


 

片桐先生の講話 
 

原爆に関して、あなたたちに伝えたいことは3つあります。

 

一つ目は、この「原爆」による被害は今も続き、現在も後遺症などに苦しんでいる方がたくさんいるということです。たった一発の原爆が今もなお人々を苦しめ続けているということは忘れてはなりません。今日今行われている広島原爆記念式典でも今年も新たに亡くなられた方のお名前が、慰霊碑におさめられます。

二つ目は、原爆被害者は日本人だけではないということです。当時広島には、日本が植民地にしていた朝鮮半島の人々をはじめ多くの外国の人が暮らしていました。なかにはアメリカ人捕虜の被爆者もいます。アメリカ人がアメリカが落とした爆弾に殺されたのです。これが戦争の現実です。

 

そして、三つ目。よく「平和を祈ります」といいますが、平和は守っているだけでは続きません。一人一人がどうすれば平和になるのか、そのためにどうすればよいかをぜひ考えてもらいたい。「平和は私たち一人一人がつくっていく」ということを考え、良い未来になるよう過ごしていってほしいと思います。

 

『高校授業体験』3年生 7月18日(土)
高校での学び方がイメージでき、進路選択の意識が高まった体験会でした

 

本校の生徒への思いとして、中学生としての今を“幸せ”と、卒業してからの“幸せ”があります。卒業してからの“幸せ”とは、生徒が社会に出てから、その行った先で「社会の一員としてやっていける」ことです。そのために、義務教育を終えた来年の4月からどうやっていくか、これをしっかり決めてくことが、3年生にとっての今の課題です。

 

そのための支援として、今回、高校の先生方に来校いただき、3年生が高校の模擬授業を実際に体験する取り組み=『高校授業体験』を、土曜授業日の7月18日(土)に実施しました。

これにより、高校の授業のイメージをつかみながら、

 

高校へいったら自分はどうしたいのか(進学意思の確認)

どんな進路・高校が自分に向いているか(進路選択)

そのためには、今、どんな勉強を(内容)、どんなふうに(学び方)しなければならないか

 

など、進路選択の意識を高めてもらうことをめざしています。

 

当日は、各都立高校の先生方に、次のような授業を行っていただきました。

家庭・福祉高等学校(仮称)

身体の不自由な方を手助けの仕方を学ぼう

(介助者、被介助者の体験学習)

葛飾総合高等学校

将来を見据えて、自分の時間割をつくろう

(キャリア形成を意識した、科目登録体験)

蔵前工業高等学校

建築に関わる様々な仕事を知ろう

(一級建築士が教える住宅設計体験)

葛飾商業高等学校

社会人としての基本を身につけよう

(ビジネスコミュニケーションスキルの基礎体験)

千早高等学校

英語によるコミュニケーション能力を実際に使ってみよう

(Zoomを使ったアメリカの学生との交流体験)

竹台高等学校

身近な遊びから、トポロジーの基礎を学ぼう

(折り紙を使った、正多面体の性質の調べ学習体験)

産業技術高等専門学校

医療機器に触れてみよう

(医療機器の開発・研究の現場体験)

 

 どの授業も、中学生向けにアレンジしながらも、レベルの高い内容でしたが。3年生は真剣に話を聞きながら、授業に参加していて、充実した体験授業となりました。授業後は、各クラスで報告会が行われ、学んだことをお互いに共有することができました。これを、今後の進路選択に活かしていってほしいと思います。ご協力いただきました各高校の先生方、ありがとうございました。

 

【介助者、被介助者の体験をしました】

【医療機器の実験機材を実際に使ってみました】

【名刺交換など、練習してみました】

【リアルタイムで、海外と交流しました】

 
【科目選択をとおして、キャリアデザインを学びました】

【簡単な住宅設計を体験しました】

【折紙で多面体を作り、その性質を調べました】


 

『高校調べ スペース』を設置しました 7月10日(金)

進路選択の支援も、“新しい生活様式”に対応して

 

新型コロナウイルス感染症は、高校入試等の進路関係にも影響が出始めてきています。そのひとつが、高校の学校見学会・入学説明会です。

 

例年、夏休みのこの時期に、中学生とその保護者を対象にした見学会・説明会が、多くの高校で行われます。志望校を決める際に参考になることから、3年生には、興味のある学校や志望したい学校に出向くように、また、2年生にも高校を見学できるいい機会なので勧めたりしてきました。しかし、この度の事態で、こうしたイベントの実施が困難な状況が続いていました。

 

そうしたなか、ようやく、感染拡大防止に配慮した方法で、再開されはじめました。

例えば、都立高校では、

・動画配信・ビデオ通信サービスの積極的な活用

・校内見学等は事前予約制にする

などの留意事項に基づき、実施していくことになるようです。

また、私立高校でも、ホームページからの紹介動画配信や見学会の事前予約など、今後同様の対応になるかと思われます。

 


そこで、そうしたWebを活用した高校に対応できるよう、このたび、職員室前に『高校調べ スペース』を設置しました。生徒が自由に使えるタブレットPCを2台用意、興味のある高校の見学会・説明会の有無を調べたり、そこへの参加の申込みをしたりできるようにしました。

 

 

学校見学すらなかなかしづらいなど、今年は感染症対策のため、進路についての取り組みも例年どおりにはいかない状況ではありますが、こうした条件を整えるなどして、少しでも、生徒の進路選択の支援を充実させていきたいと考えています。

 

 

 

第6回「ビブリオバトル in 四中」開催!  7月3日(金)

読書体験の楽しさが伝わる、図書館行事になりました。

 

本校では本年度、

『授業活用や読書啓発活動により、学校図書館活用を推進することで、学習意欲の向上を図る』

を、学校経営方針の5つの柱の一つに掲げ、本に触れる機会を大切にしていきたいと考えています。

 

すでに四中では、これまでの読書活動に取り組んできました。そのひとつが、「ビブリオバトルin 四中」です。「ビブリオバトル(書評合戦)」とは、“バトラー”と呼ばれる発表者が自分のおすすめの本を紹介、それを聞いている会場の観覧者“オーディエンス”が一番読みたいと思った本に投票し“チャンプ本”を決める というイベントです。四中ではこれまで5回行ってきましたが、3月からの休校措置で、今年度はまだ行えずにいました。7月に入り、学校の教育活動が徐々に再開していくこととなったことから、通算6回目を開催することにしました。


 

7月3日(金)、放課後の最終下校時刻までという短い時間のなかでしたが、会場となった学校図書館には、生徒や先生方が集まり、6名は発表者(バトラー)による熱い戦いが繰り広げられました。どの発表もプレゼンテーションとしてのレベルも高く、なにより、自分の好きな本を語る姿はとても嬉しそうで、読書体験の楽しさが伝わる発表となりました。結果、白井さんが紹介した「広辞苑 第七版」が見事、チャンプ本に選ばれました。おめでとうございました。

発表順

発表者

著書名

著者

出版社

岡安巧夢 3C

神様の御用人

淺葉 なつ

メディアワークス文庫

南 龍一 3A

FACT FULNESS

ハンス・ロスリンク 他

日経BP社

若林美穂(先生)

往復書簡

湊かなえ

角川

稲葉裕之(校長)

空飛ぶ馬

北村 薫

創元推理文庫

白井宏宙 2B

広辞苑 第七版

新村 出 編

岩波書店

神田紘輝 3A

天使のにもつ

いとう みく

童心社

 




 こうした機会を通して、読書や発表活動に興味や関心を持つきっかけになってくれるといいなと思います。四中の文化的な側面が見られた、有意義な図書館行事となりました。

 


 

SC=サイレント・クリーン活動、始めます! 6月29日(月)

清掃活動も“新しい生活様式”で


先週6月26日の保護者会には、多くの皆様にご参加いただきまして、ありがとうございました。3学年・2学年それぞれの全体会では、校長より、新型コロナウイルス感染症対策を中心にしながら、最近の学校の状況についてお話させていただきました。1学年の保護者の皆様と当日ご都合により参加できなかった方々にもその内容をお伝えいたしたく、7月の学校だよりに概要を掲載いたしますので、ご覧ください。

 


さて、生徒による清掃活動も徐々に再開していきます。そのなかで、新たな取り組みとして、サイレント・クリーン活動(略してSC)を行うことにいたしました。従来から、私語等を一切せずに無言で行う清掃活動の取り組み=「無言清掃」は全国各地で行われてきました。これは、静かに集中して作業に取り組むことを主眼に置いたものですが、今回のコロナウイルス感染予防の視点からみても有効な対策になると考え、ネーミングを変えて本校でも導入することにしました。実際やってみると、丁寧で効率よく掃除しようという気持ちに自然となれ、感染予防にも役立つという、一石二鳥といえるものでした。

 

7月1日の1年C組では、掃き掃除や雑巾がけを一列になって整然と流れるように行うなど、それは見事なものでした。無言であっても、一人一人が自分の役割をしっかり意識していれば、このようにできるのだなあと感心しました。はじめたばかりで、全校的にはまだ定着したとはいえませんが、これが四中の新たな文化のひとつとなってくれることを期待しています。そのためにも、生徒のみなさんには、清掃時間帯では、下校や部活動へ移動する際に騒がしくならないような心遣いもお願いします。

 

こうした、感染防止に繋がる、日常のちょっとした行動の工夫を、これからも取り入れていきたいと思います。

 

部活動も再始動、1年生の体験入部も開始!  6月22日(月)

生徒の活動も段階的に再開していきます。


先週から分散登校が終了、順次通常登校にとなり、授業も、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮しながら行っているところです。通常の学校生活に戻りつつあるなか、学級活動や委員会活動など、校内での生徒活動も徐々に再開していっています。

 

そうしたなか、今週から、部活動についても段階的に活動を再開することにしました。「段階的」としたのは、特に運動部において、長期間の活動自粛による、持久力や筋力などの基礎的な体力の低下が想定され、急激な運動再開はケガや事故、体調不良等のリスクが大きく、そうした健康・安全面への配慮が必要であると考えたからです。具体的には、当面の間、

・週当たりの活動は2~3日程度

・活動時間は放課後1時間程度

・朝練習は行わない(朝の登校時点での健康確認実施のため)

といったことを行っていきます。

 

もちろん、この期間は、

・生徒間の距離を取る

・可能なかぎりマスクを着用する

など、感染拡大防止に配慮した部活動のやり方を、教員・生徒ともに定着させていく試行期間でもあります。保護者の皆さまには、そうした趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

加えて、1年生については、今週を「仮入部期間」としました。興味のある部活動があれば、この機会にぜひ参加してみてください。

 

分散登校期間中、配膳も食事も“ソーシャルディスタンス”で  6月8日(月)

「お弁当給食」がスタートしました。 

 

 今週から分散登校が始まり、今日は、2・3年生の登校日です。体育館やランチルームなどを大型教室としての活用や、廊下を活用しての普通教室の利用など、生徒の席の間隔の確保を工夫しながら、授業を行っています。慣れない教室の使い方なので、最初は違和感がありましたが、先週から比べると、ずいぶんと定着してきました。

 給食も今日からスタートとなりました。感染予防のため、分散登校中の今週は、次の2点の配慮を行っています。 

 

   盛り付けなど配膳や片付けの際に関わる人数を減らすため、給食室でパックを完了させた「お弁当給食」にしました。これにより、他の人が触ることなく、自分の分をお盆に取るだけで済ようにしました。今日のメニューは、わかめご飯、鶏肉の葱ソース、春雨炒め、きんぴらごぼうでした。この期間は「簡易給食」になるとのことでしたが、栄養士さんと給食業者さんとで工夫し、お弁当形式の給食にしていただいたことで、ボリュームも栄養も満点の給食をいただくことができました。

 



  喫食中により十分な間隔をとれるよう、1つのクラスを2教室に分散させて食べるようにしました。分散登校により、余裕のできた教室数を活用して行っています。全員が前向きに座っての食事は、話もできずちょっと寂しいですが、ここは辛抱して、感染防止に取り組みます。


明日は、1年生もこのような対応で給食を実施、今週は「お弁当給食」を継続します。15日(月)以降については、11日(木)に出される荒川区の方針を受けて、行っていきます。



 

 

タブレットPCを使っての家庭学習の支援に向けて

3年 “オンライン学活”試験運用、成功! 6月5日(金)


 

 新年度から2か月に及んだ臨時休業を経て、待ちに待った学校の再開となりました。延期となっていた始業式・入学式も行われ、各学年とも、それぞれの学級を立ち上げることができました。これでいよいよ、来週から学校としてのスタートができる体制が整いました。

一方で、再度の臨時休業等に備え、オンライン学習等の学習保障のための準備として、各家庭でのZoomの動作確認にも取り組み始めました。

 


 

そうしたなか、3年生には、タブレットPCを持ち帰ってもらい、6月5日(金)、Zoomによる“オンライン学活”を実施しました。上手く繋がるか不安もありましたが、前日に登校した際、各教室で操作方法の練習をしておいたおかげで、ほぼ全員が接続することができました。実際にやってみると、思いのほか使い勝手がよく、登校が困難になった際には、学習指導や学活等での活用が期待できると感じました。協力してくれた3年生の皆さん、ありがとうございました。


2年生は、6月4日、9日、11日に、自宅のインターネット機器を使っての朝の“オンライン学活”を試験的に実施しているところです。今後、1年生についても、家庭での動作確認等をしていくよう、準備しているところです。趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

 


 

R2.6.3.分散登校期間の教育活動ついて(通知)

6月1日からの分散登校についてのお知らせ

6月1日からの分散登校についてお知らせします。

 

6月1日(月)始業式 新23年生 825登校(給食なし)

6月2日(火)入学式 新入生900920受付

 

○第1週(給食なし)

 63日(水)D組と18251130 213001600

 64日(木)D組と18251130 313001600

 65日(金)D組と38251130 213001600

 

○第2週(825登校、給食あり6時間授業)

 68日(月)D組と3年と2

 69日(火)D組と3年と1

 610日(水)D組と3年と2

 611日(木)D組と3年と1

 612日(金)D組と3年と2

※登校しない学年は自宅学習となります。なお、今後の状況により変更することもあります。15()以降の登校については、新型コロナウイルス感染拡大の状況をみて、後日お知らせします。

※体調不良等で欠席する場合は、電話連絡をしてください。

 

新2・3年生保護者の皆様へ


5月7日の学校情報配信システムにてご連絡のとおり、始業式が6月1日(月)に延期となりました。本日お知らせと課題等の入った封筒を郵送しましたので内容をご確認ください。

また、配信メールとあわせてホームページのこまめなご確認もお願いいたします。
 

お知らせ

令和元年度の学校関係者評価はこちらをご覧ください。
【令和元_四中】「学校関係者評価」.pdf
 

第四中学校の生徒、保護者の皆様へ


本日の教科書配布では、皆さんの元気そうな姿がを見られ、教職員一同、安心しました。来週は電話による健康観察を行いますので、よろしくお願いします。

さて、この臨時休業期間について、改めて以下の点に注意してください。
・用事がなければ外出をしない。
・体調管理や手洗い・うがいなどをこまめにする。
・人との接触を避ける。

友達と会いたい気持ちもあるかと思いますが、この期間は、自分自身や家族、そしてその友達の命を守るためにあることを自覚して、過ごしてください。ご家庭でも、ご指導いただきますよう、お願い申し上げます。
 

学習コンテンツの紹介


荒川区教育委員会より、家庭での学習支援としての学習コンテンツを準備していただきました。利用方法を紹介いたします。
【利用方法】
① パソコンやタブレットから
 http://www.edumall.jp/go
 にアクセスします。

②学校IDをいれてクリックします。
 学校ID 00003410

③ログインIDとパスワードを入れてログインをクリックします。
 *ログインIDとパスワードはメール配信システムにてお伝えします。
   

5月31日までは無償で利用できます。家庭での学習に活用してください。
 

連絡日について

昨日教育委員会からのメールでお知らせした連絡日については以下の通りです。


【1学年】 日時:5月28日(木)

1年A組  9:00~10:00 

1年B組 10:15~11:15 

1年C組 11:30~12:30 

  ※この時間帯であれば、いつ来校していただいても結構です。

 

持ち物:①デイリーライフ(5月26日までの記録を点検します)
    ②5月12日に提出できなかった課題や書類

    ③課題に関して質問がある生徒はその課題を持ってくる

    ④配布物を持ち帰るカバン類


【2学年】 日時:526日(火)

旧1A 出席番号 1~10  8:30~ 8:50

            11~20  8:50~ 9:10

            21~29  9:10~ 9:30

旧1B 出席番号 1~10  9:30~ 9:50

            11~20  9:50~10:10

            21~28 10:10~10:30

旧1C 出席番号 1~10 10:30~10:50

            10~20 10:50~11:10  
            21~28 11:10~11:30
 

持ち物:①保健関係書類封筒…保健調査票・結核問診票・心臓検診調査票

    ②就学援助費希望調査兼受給申請書(封筒提出)

    ③生徒理解のための資料

    ④災害時引き渡しカード(グリーン)

    ⑤旧学年3学期のデイリーライフ(要保護者コメント)

    ⑥社会宿題(3年間総整理問題集書き込みノート)

    ⑦英語宿題(想像日記、エイゴラボ)



【3学年】 日時:5月27日(水)

  旧2A  8時30分集合  

  旧2B  9時30分集合  

  旧2C 10時30分集合  

 

場所:体育館

  

持ち物:①上履き(外履きを入れる袋を持参してください)

    ②保健関係書類封筒…保健調査票・結核問診票・心臓検診調査票

    ③就学援助費希望調査兼受給申請書(封筒提出)

    ④生徒理解のための資料

    ⑤災害時引き渡しカード(ピンク)

    ⑥旧学年3学期のデイリーライフ(要保護者コメント)

    ⑦漢字コンテスト練習プリント3枚

    ⑧国語200字作文

    ⑨数学のプリント2枚と2年生のワーク

    ⑩音楽プリント1枚

    ⑪美術のマスク(内側に記名、袋に入れる)

    ⑫修学旅行の事前学習1枚

【D組】 日時:5月26日(火)10:00集合


持ち物:①保健関係書類封筒…保健調査票・結核問診票・心臓検診調査票

    ②就学援助費希望調査兼受給申請書(封筒提出)

    ③生徒理解のための資料

    ④災害時引き渡しカード

    ⑤健康カード
    ⑥休業時の課題

 ・国語と数学(2・3年生のみ)

 ・日記(全学年)


※服装は夏服・冬服どちらでもかまいません。 

※マスク着用をお願いします。

※体調不良等で欠席する場合は、電話連絡をしてください。

 

新入生保護者の皆様へ


5月7日の学校情報配信システムにてご連絡のとおり、入学式が6月2日(火)に延期となりました。
これに伴い、第四中学校では、新入生からの回収物の受け取り、及び、休業中の新たな課題の配付の日程を、以下のとおり設けさせていただきます。
3密を避け、感染予防に努めながら実施いたしますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

日時:5月12日(火)
(1)  8:30~  9:30 峡田小学校出身者
(2)  9:30~10:30 第二峡田小学校出身者
(3)10:30~11:30 その他の小学校出身者
(4)11:30~12:30 上記の時間帯で来校できない方

※ご来校いただくのは保護者のみとさせていただきます。
※上記の時間帯でのご来校が難しい方は、学校までご連絡ください。
 電話番号:03-3895-7334
 連絡時間:5月11日(月) 9:00~17:00

その他
・5月12日(火)に回収する予定であった宿題や書類等をご持参ください。
 (詳しくは4月14日に配布した「新1学年だより」をご覧ください)
・配布物を持ち帰るためのカバン類をご用意ください。
・上履きをご持参していただく必要はありません。
・必ずマスクを着用のうえご来校ください。


荒川区立第四中学校 校長 稲葉裕之  
 

お知らせ

令和2年度の日程のお知らせ

荒川区では、新型コロナウィルス感染拡大を受けて以下の通りに変更いたしました。

  始業式   4月13日(月)
  入学式   4月14日(火)
 

お知らせ


 この度の国の緊急事態宣言に基づき、荒川区では、以下のとおり5月1日(金)まで臨時休業期間の再延長を行います(再開は5月7日(木))。なお、状況によっては変更する場合もあります。

 1 始業式及び入学式の変更について

◆始業式 4月13日(月)→5月7日(木)
◆入学式 4月14日(火)→5月12日(火)


 2 教科書等の配付について

第四中学校では、以下のとおり教科書等の配布を実施します。
 来校できない場合でも出欠には影響しません。

◆新中学1年生 4月14日(火)

 密閉、密集、密接を避けるため、出身小学校ごとに配布時間帯を指定しました。

 ご協力をお願いします。

  峡田小学校     8:30~  930 

  D組         9301000

  第二峡田小学校 10001100

  その他の小学校 11301230  

※確認のため、就学通知書をお持ちください。

◆新中学2年生~新中学3年生  4月13日(月)


  密閉、密集、密接を避けるため、昨年度のクラスごとに配布時間帯を指定しました。

ご協力をお願いいたします。

  旧1・2年A組   830~  930

  D組       9301000

  旧1・2年B組  10001100

  旧1・2年C組  11301230

また、受取りが困難な場合は、別途対応をいたします。
 生徒が来校できない場合は、保護者のみの来校も可能です。 

 

 

お知らせ

新型コロナウィルス拡大防止のための臨時校中に関するお知らせ

 この要請にもとづき、荒川区では、3月3日(火)より3月24日(火)まで臨時休業日としますが、本校としては各学年・学級ごとに日時をずらし、登校日を設け、必要最小限の短時間で健康観察、テスト返却、課題配布・回収、予定確認などを行います。

 感染拡大を防ぐための休業日の過ごし方をふくめ、ご理解ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

〔今後の予定〕

 3年生

   3月13日(金) A組 9:00 B組10:00 C組11:00 登校

   3月18日(水) 全クラス 9:00登校
   3月19日(木) 卒業式  8:25登校

 2年生

   3月10日(火) A組 9:00 B組10:00 C組11:00 登校

   3月17日(火) A組 9:00 B組10:00 C組11:00 登校

   3月25日(水) 全クラス 8:25登校 修了式後下校

 1年生

   3月 9日(月) A組 9:00 B組10:00 C組11:00 登校

   3月16日(月) A組 9:00 B組10:00 C組11:00 登校

   3月25日(水) 全クラス 8:25登校 修了式後下校

 D組

   3月12日(木) 9:00 登校
   3月18日(木) 9:00 登校
   3月19日(木) 卒業式  8:25登校  *3年生のみ
   3月25日(水) 8:25登校 修了式後下校 *1・2年生のみ


 なお、休業中の生徒の学習に以下のサイトをご利用ください。

臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト
 文部科学省ホームページ
  
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

 まなびwith(小学館)
 
https://manabi-with.shopro.co.jp/manabico/freestudy

 おうち学校(Yahoo!)
 
https://kids.yahoo.co.jp/study/ouchigakkou/