本日の来場者数

COUNTER30←毎日リセットされます

今日のトピックス

◯三日小の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

6年生/三日フェスティバル/物あて

190615(土)
◯6年生/三日フェスティバル/物あて
01

02
▲ブラックボックスの中身を当てるゲームです。単純明快で、初級から中級、上級までのランク別を設定して、後輩に挑戦してもらいました。なかなか当たらない子どもには、ヒントを出すなど、やさしく楽しんでもらいました。
 

5年生/三日フェスティバル/なぞトレ

190615(土)
◯5年生/三日フェスティバル/なぞトレ
01

02
▲難しい問題には、複数の子どもで挑戦していました。話し合って回答を求める姿は微笑ましかったです。
 

3年生/三日フェスティバル/ボウリング

190615(土)
◯3年生/三日フェスティバル/ボウリング
01

02
▲ボウリングのピンはペットボトルや紙コップなど、ハザードを工夫しました。中にはビールの空き缶もあり、ご家庭の協力で成功しました。
 

4年生/三日フェスティバル/はんにんさがし

190615(土)
◯4年生/三日フェスティバル/はんにんさがし
01

02
▲廊下には長蛇の列ができました。挑戦シートを片手に、すべてのフェスティバル会場を回りました。
 

2年生/三日フェスティバル/さかなつり

190615(土)
◯2年生/三日フェスティバル
01

02
▲磁石のついた釣り竿で、魚を釣り上げます。難易度によって点数がついていて、制限時間内に難点取れるか競い合いました。高得点者は、黒板に名前が掲げられます。
 

1年生/三日フェスティバル/パズル

190615(土)
◯1年生/三日フェスティバル
01

02

02
▲1年生は、はじめて三日フェスティバルに挑戦しました。自分たちでかいた絵をハサミで切って、ラミネートをはったパーツを組み立てるゲームです。パズルはどの子もよくできていました。あまりに細かく切ったため、複雑になったパズルは、答えを教えていました。
 

併設連携幼稚園

 

アクセスカウンタ

190331までの来場者数=212003217456

6月号巻頭言

三日小の言語能力向上策について
~プレゼンテーション能力を鍛える
校長  末永 寿宣
001<エピソード1>
    第三日暮里小学校の6年生が、5月22日から2泊3日、下田臨海学園で移動教室を体験しました。出発式の時も、担当の子どもが移動教室の意義をしっかりと、伝えることができ、バス会社の方にもほめていただきました。
    右の写真は、初日の昼食の時に、漁師汁について調べたことを発表している様子です。出来映えは、堂々としていて、自信に満ち、大人顔負けの優れた内容でした。

<エピソード2>
002    2日目の夕飯の時には、食堂で代表の男子児童が以下のような挨拶を諳んじて発表しました。
▼「今日のメニューは、ポークカレー、わかめスープ、マカロニサラダ、温野菜、トマト、アロエヨーグルトです。」▼「今日は、下田臨海水族館や黒船ペリーミュージアム、了仙寺に行きました。その中でも、下田臨海水族館のイルカショーは、見事でした。」▼「皆さんも、鯵の干物体験や下田臨海水族館は楽しむことができましたか?宿泊をともにすることで、学年の絆も深めることができたと思います。2日目の夕食もおいしくいただきましょう。」と、大人数の前で堂々と、ホール全体に響くように話しました。

<エピソード3>
003    閉園式や帰校式でも、自分の気持ちを素直に、姿勢を正し、しっかりした声で発表しました。帰校式での挨拶の内容は以下の通りです。
▼「2泊3日の間、様々なことを学びました。みんなと協力すること、友だちの気持ちを考えること、最後まであきらめず、やりきる責任感の大切さ、これらを今後の学校生活に生かしていきます。」▼「3日間、校長先生をはじめ、引率してくださった担任の先生方、専科の先生方、たいへんお世話になりました。先生方のおかげで忘れられない思い出ができました。ありがとうございました。」大人数の前で、緊張の中、話をするにはそれなりの覚悟が要ります。どうしたら、このような子どもに育つのでしょうか?
----------------------------------------------------------------------------------
    三日小では、「考える」「まとめる」「発表する」活動を日常的に行い、必ず諳んじて話すことが伝統になっています。何度も担任と一緒に原稿を校正し、書く力をつけ、きちんと話せるまで挑戦します。やり遂げたら、みんなで拍手をして称賛します。挑戦した子どもは、成功体験が自信となり、あらゆる場面で意欲的に取り組むようになります。教員は、発表するまでのプロセスを大事にし、プレゼンテーション能力を鍛えています。
    子どもたちが、人前で堂々と話すことに挑戦することで、自信をもち、心身ともにたくましい子どもに育つよう、今後も努力してまいります。保護者・地域の皆様のこれまでのご協力に感謝申し上げますとともに、これからもご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 

保護者の皆様へ

◯ホームページをスマートフォン等でご覧いただくときは、以下の窓口からお入りください。
1 検索サイトで検索する
 「荒川区立第三日暮里小学校」→左下の赤丸をクリックしてください。
01
2 下のQRコードをスマートフォン等のカメラで読み込んでください。
01
【注意】パソコンモードでご覧ください。携帯電話モードでは、全体が表示されない場合があります。