本日の来場者数

1373人目
毎日リセットされます

アクセスカウンタ

124690人目

リンク

荒川区ホームページへのリンク

 

発熱や咳などの症状が続く時に

子育てでお困りのことがある時に

お困りのことがありましたら、
以下の相談先にお問い合わせください。


○あらかわキッズ・マザーズコール24
 TEL:0120-536-883    24時間(年中無休)

○子どもの悩み110番  TEL:0120-136-110     
 月~金、9~17時、祝日等除く

○育児相談、
 妊婦・保護者のこころとからだの健康相談 
 TEL:3802-3111 内線432
 月~金、8時30分~17時15分、祝日等除く

○子ども家庭総合センター TEL:3802-3765
 月~金、8時30分~17時15分、祝日等除く

○配偶者暴力相談支援センター TEL:3806-3075
 月~金、8時30分~17時、祝日等除く
 

今日のこども園

園の様子や子どもの姿
12345
2021/12/03new

12月3日(金) 今日のこどもたち

| by Admin
<講演会へのご参加ありがとうございました>
11月22日、12月2日と2回にわたって、國學院大學教授の鈴木みゆき先生から保護者の方に向けてご講演をいただきました。
たくさんの保護者の皆様から、「とてもわかりやすく楽しいお話でした」「子どものために今日から生活習慣を改善していこうと思います」などのお声をいただきました。
引き続き、子どもたちの健康な心と体を育てるために、保護者の皆様のお力になれるよう園での取り組みや情報を発信してまいります。
参加してくださった皆様ありがとうございました。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
今日のこどもたちの様子をお知らせします。
ここ数日、手作り楽器での演奏を楽しんでいる年少組の子どもたち。
今日は職員室に招待状を持ってきてくれました。
「えんそうするのできてください!」

職員室から園長先生や副園長先生たちが見にきてくれました。
子どもたちはとても張り切って嬉しそうに演奏していました。

昨日リサイクルセンターを見学した年中組の子どもたちは、家に帰ってからおうちの人にリサイクルについて話をしたり、家の中でリサイクルできるものやリサイクルマークを探したりしていたようです。

園でも早速活動が始まっています。
自分たちのクラスにリサイクルボックスを設置しようと考え、箱を用意したり「紙」というリサイクルマークを作ったりと楽しみながら自分たちで作る姿がありました。
リサイクルセンターへ行き見て聞いて学んだことで、やらされてではなく自分たちから「リサイクルしよう」「どうしたらいいのかな」と考え取り組むことができています。
自分のこととして感じ考え、自分でやってみようとする力が伸びてきています。

年長組の部屋の一角に、劇遊びの大道具や小道具、衣装が大事に置いてありました。
どんな劇なのか…楽しみですね。

11:18
12345

乳児クラス 子どもたちの様子

乳児クラスの様子
12345
2021/12/07new

クリスマス製作」をしました!(0歳児 ひよこ組)

| by Admin
12月に入り、保育室がクリスマスになったひよこ組。
子どもたちも、手に絵の具をつけクリスマス製作をしました!

手が汚れるのが苦手で、クレヨンや筆やスタンプを使う子がいたり、
両手いっぱいにたくさんの色をつけ、椅子や顔までカラフルに色つけるほど楽しむ子がいて
それぞれの楽しみ方をしました。
絵の具の感覚、手が汚れること、洗うときれいになること等、
繰り返しのなかで少しずつ知ることができるようにしていきたいと思っています。

製作で完成した”世界にひとつだけのクリスマスツリー”は
ひよこ組保育室の窓に飾ってあります。
とてもかわいいクリスマスツリー、ぜひ見てください!


ひよこ組担任一同

16:30
12345

幼児クラス 子どもたちの様子

幼児クラスの様子 >> 記事詳細

2021/10/20

きたきた あきまつり!(4歳児ぱんだ組)

| by Admin
葉っぱの色づきや、吹く風の冷たさから秋の訪れを感じている子どもたちと、『14ひきのあきまつり』の絵本を読みました。

読み終わると、「ぱんだ組もあきまつりしたい!」と声あがり、みんなであきまつりの材料を集めに汐入公園へ行きました。


あきまつりに必要なものをみんなで考えて、それぞれが作りすすめていきます。


ねずみのお面
絵本と同じように、ねずみになってあきまつりをしたいという思いからお面を使りました。
ねずみポーズもばっちりで、かわいいねずみになりきっています。


きのこ
汐入公園にきのこはなかったので、「きのこは作ろう!」となりました。
「折り紙で作れるよね!」とアイディアを出し合って作っています。
 

「きのこは生えているものだから」と床から生やせる方法も考えて試していました。


はっぱでんき
おまつりは夜にするイメージをもったことで、電気が必要と考えました。
「はっぱででんきを作ってみたい」という思いをどうしたら実現できるか担任も一緒に考え、形にしていきました。


障子紙に葉っぱを貼って、筒状にして電気にしました。
葉っぱが透けて見えてきれいです。


きのこのおみこし
「どうしたらみんなで担げる大きなきのこができるかな?」
考えたことが形になっていくことにわくわくしています。
「形が出来上がったら白い模様もつけようね!」とどんどんやりたいことが出てきます。



あきまつりのおしらせ
みんなでたくさんアイディアを出し合って作ってきたあきまつりを、他クラスの友達や先生にも
見てほしいという気持ちから、“あきまつりのおしらせ”を出すことになりました。
紙の色にもこだわって、秋色です。



いよいよあきまつり当日
「わっしょい!わっしょい!」元気な声が聞こえ、こども園の廊下に活気が溢れました。



「外でも担ぎたい!」と汐入公園でも「わっしょい!わっしょい!」
気持ちのいい青空の下きのこのおみこし、子どもたちのいきいきとした姿が一段と輝きました。


こども園に戻ってからは、子どもたち手作りの秋が溢れたお部屋でみんなで木を囲んで給食を食べました。「いつもよりおいし〜い!」


季節の移り変わりに興味をもち、1冊の絵本から大きな活動へと広がっていきました。
それぞれの考えを出し合いながら、クラスの友達とみんなで共通のイメージをもって1つの遊びを作り上げていく面白さ、楽しさを経験をした子どもたちです。
この経験がさらに子どもたちの主体性へと繋がっていくことを願っています。


きりん組の様子は後日更新しますので、楽しみにお待ちください。


ぱんだ組担任

15:00