教育目標 健康な子ども・考える子ども・思いやりのある子ども

  ロゴ
kenkyuu
〒116-0014 荒川区東日暮里3-10-17(第三日暮里小学校併設) TEL・FAX 03-3801-1433(職員室)
 

本日の来場者数

COUNTER233←毎日リセットされます

年少組・年中組/終業式

200323(月)
◯年少組・年中組/終業式
01

02
▲年少組、年中組の子どもたちが、今年度最後の一日を迎えました。園内放送による終業式では、それぞれの保育室で、園長先生のお話をしっかりと聞きました。
03
▲入園当初は身支度の始末を年長組さんに教えてもらっていた年少組。用品を持ち帰る身支度を自分でできるようになりました。
04
▲自分たちが大きくなったことを実感し、進級することに期待をもってほしいと、担任の先生は「おおきくなるということは」という絵本を読んでくれました。
05
▲自分たちで遊びの場を作り、友だちと一緒に遊ぶ楽しさを存分に味わえるようになった年中組。保育室半分ほどを使って、大きなお家ごっこを楽しみました。
06
▲年中組最後のご挨拶も、背筋を伸ばしてしっかりできました。
07
▲保護者の皆様、地域の皆様、今年度も東日暮里幼稚園の教育活動にたくさんのご理解、ご協力を賜り、ありがとうございました。来年度も、本園の子どもたちを温かく見守り、励ましていただけますよう、よろしくお願いいたします。
 

文部科学省情報

◯文部科学省「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」
→下記の情報をご確認ください。
 

厚生労働省情報

◯厚生労働省「新型コロナウィルス感染症について」
→下記の最新情報をご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
bunya/0000164708_00001.html
 

お知らせ

◯新型コロナウイルスによる臨時休業について
 新型コロナウイルスの感染拡大防止にかかる国の要請を受け、3月2日(月)午後から区立小中学校・区立幼稚園・こども園(短・中時間)の臨時休業を実施いたします。 臨時休業期間中においても、お子様の健康状態に注意し、不要不急の外出を控え、感染拡大防止にご協力ください。

1 臨時休業期間
 令和2年3月2日(月)午後(お弁当なし)~3月22日(日)
 ※3月2日の午前中は通常通りの登園です。 
 ※3月23日(月)の終業式は実施します。

2 修了式・終業式について
(1)修了式 <終了>
3月17日(火)の修了式は、縮小して実施します。
→保護者については、一家庭につき2名までの参列とします。
→来賓は参列いたしません。
→在園児は参列しません。
→感染拡大防止のため、園児及び保護者はマスクの着用をお願いします。
→会場内入室の際は、アルコール消毒液をご利用ください。
(2)終業式
3月23日(月)の終業式は、縮小して実施します。
→登園時間は9時です。
→降園予定は11時30分で、お弁当はありませんのでご注意ください。

3 臨時休業期間中の生活について
(1)不要不急の外出は控えてください。やむを得ず、外出する時にはマスクを使用してください。
(2)規則正しい生活を送ることで、健康の管理に努めてください。
(3)「咳エチケット」、うがい手洗いやアルコール消毒を励行してください。
(4)やむを得ない事情で家庭での保育が困難な場合には、園にご相談ください。
【園の連絡先】 東日暮里幼稚園 職員室
 電話番号:03-3801-1433

4 健康観察等について
(1)臨時休業期間中に発熱及び咳等の症状が現れ、症状が長引いた場合には、東京都のコールセンターにご相談の上、受診する等の対応をお願いします。
【荒川区】
荒川区保健所 保健予防課 感染症予防係
 電話番号 03-3802-3111 内線430
      03-3802-4244
 ※受付時間 午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
【東京都】
多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)による相談
 電話番号:0570-550571(ナビダイヤル)
聴覚障害のある方などからの相談
 ファクス番号:03-5388-1396
 ※受付時間 午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)
(2)新型コロナウイルスへの感染が認められた場合は、速やかに園にご連絡ください。
(3)園児の同居の家族等に新型コロナウイルスが発症し、園児が濃厚接触者となった場合にも、園にご連絡ください。

5 その他臨時休業期間中の緊急連絡については原則として学校情報配信システム(未登録者には電話連絡)、園ホームページで行いますので、ご承知おきください。

新型コロナウイルスによる臨時休業について.pdf
 

今日のトピックス

◯東日暮里幼稚園の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

併設連携小学校

関連リンク

 
 

アクセスカウンタ

190331まで=5140786837

幼稚園経営方針/心を育てるには?

191111(月)
◯幼稚園経営方針/心を育てるには?
01

▲本園の経営方針の重点目標は、以下の3点です。
(1)心身ともに健康な子どもを育てる
(2)好奇心旺盛に遊びや活動に取り組める子どもを育てる
(3)人とのかかわりを楽しめる子どもを育てる
▲(1)は、ホップ(2)は、ステップ(3)は、ジャンプです。特に難しいのは(3)です。人との関わりを「楽しめる」まで高めていくためには、どうしたら良いのでしょうか?
▲教育のどの段階でも、最も大切なことは、「心を育てる」ことです。心豊かに、思いやりがある子どもを育てることが何よりも大切で、しかも難題です。心の中は目に見えないので、掴み所が難しいからです。心が育つためには、人との関わりがポイントとなります。人との関わりを「楽しめる」ために、たくさんの人との良質な関わりを意図的に設定します。
▲本園では、子ども同士はもちろん、先生や職員と丁寧な言葉で、心穏やかに優しく接する場作りを大切にしています。
 

幼稚園経営方針

令和元年度 幼稚園経営方針

荒川区立東日暮里幼稚園

園長 末永 寿宣

1 本園の教育目標・経営の重点目標

<教 育 目 標>  健康な子ども 考える子ども 思いやりのある子ども

<経営の重点目標>

(1)心身ともに健康な子どもを育てる

(2)好奇心旺盛に遊びや活動に取り組める子どもを育てる

(3)人とのかかわりを楽しめる子どもを育てる

2 目指す幼稚園像

(1)幼児にとって「登園が楽しい幼稚園」

(2)保護者にとって「子育ての拠り所となる幼稚園」

(3)教職員にとって「子どもとともに成長し続け、自分の実践に自信を持ち創意工夫ができる幼稚園」

3 幼稚園経営の基本方針
<幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿>

(1)「健康な子ども」を育成するために

○子どもが自ら健康で安全な生活を意識し、心と体を十分に使い、自分がやりたいことを思い切り楽みます。<1/健康な心と体>

・体つくり運動や補助運動を導入します。

・今年度、コオーディネーショントレーニング地域拠点校として東京都教育委員会より研究指定を受けました。子どもの体力を増進し、心身ともに健康な子どもを育成します。

・遊びを中心に子ども一人一人に合わせた無理のない目標を設定し、子どもの「できた!」という達成感を積み重ねて参ります。

(2)「考える子ども」を育成するために

  ○身の回りの環境に積極的に関わり、諦めずにやり遂げる達成感を味わいます。

<2/自立心>

  ○友だちと協力し、イメージを共有しながら共に考えていきます。<3/共同性>

  ○身近な環境に関わり、様子を観察したり予想したりします。友だちと関わる中で異なる考えがあることに気づき、自分の考えをよりよいものに変えていこうとします。

<6/思考力の芽生え>

  ○遊びの中で、数量や図形、標識、文字に興味をもち、豊かな感性と表現につなげていきます。

<8/数量・図形、文字等への関心・感覚>

  ○絵本や紙芝居などの物語に親しみ、経験したことを言葉で表現します。相手の話を聞き、言葉の伝えあいを楽しみます。<9/言葉による伝えあい>

・読書活動をダイナミックに展開します。

・読書活動は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなもので、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものです。

・年少さんから、小学校の充実した図書館を利用し、たくさん本を読んでもらいます。また、東日暮里幼稚園の保護者の方限定で、ご希望の方に「おとなの読書通帳」を発行し、本を貸し出します。お子さんの読み聞かせ等に活用できます。

(3)「思いやりのある子ども」を育成するために

  ○ルールを守る必要性を理解します。<4/道徳性・規範意識の芽生え>

  ○家族や地域の人と関わり、地域社会にも関心の目を向けます。社会生活の中で、役に立つ喜びを感じます。<5/社会生活との関わり>

  ○身近な自然物に関心をもち、感動したり、命を尊んだりします。また、それらを言葉で表現できるようにします。<7/自然との関わり・生命尊重>

  ○さまざまな事象に触れ、感動したことを表現します。また、友だちの表現を見て、自分が感じたことを言葉で表現します。<10/豊かな感性と表現>

・相手の気持ちを一緒に考える練習をします。

・「ごっこ遊び」等を通して、他人の気持ちや挙動を考えます。また、絵本を読み、登場人物の気持ちに寄り添うことを覚えます。

・ものを大切にすることを学ぶことによって、他人の大切なものや、他人の気持ちも大切に扱うようにします。