教育目標 健康な子ども・考える子ども・思いやりのある子ども

  ロゴ
kenkyuu
〒116-0014 荒川区東日暮里3-10-17(第三日暮里小学校併設) TEL・FAX 03-3801-1433(職員室)
 

本日の来場者数

COUNTER393←毎日リセットされます
年長すみれ組/「来てください!」
200703(金)
◯年長すみれ組/「来てください!」
002
▲昨日作っていた看板を持って、もも組さんやたんぽぽ組さんに宣伝に行きました。声を揃え「はっぴぃすみれまつりをやります! 」と話すすみれ組さんは、ちょっぴり緊張しながらも嬉しそうでした。
 
年中たんぽぽ組/COT大好き!
200703(金)
◯年中たんぽぽ組/COT大好き!
001
▲クモさん歩き、ワニさん歩き、ジグザグ走りなど、今日もたくさん体を動かしました。途中、諦めそうになった友達に「頑張って!」とエールを送り、一緒にやり切る姿が素敵でした!
 
年少もも組/動物さんどこかな?
200703(金)
◯年少もも組/動物さんどこかな?
01
▲月刊絵本を担任に読み聞かせしてもらった後、それぞれ手元に自分の絵本を開き、動物さん探しをしました。「自分の物」があることで、安心してじっくり絵本と向き合うことができました。
 
年長すみれ組/看板作り
200702(木)
◯年長すみれ組/看板作り
01
▲グループの友達と協力して、夏まつりの看板を作りました。「はっぴぃ すみれまつり」! 夏まつりまで、あと少しです。
 
年中たんぽぽ組/花火制作はじき絵
200702(木)
◯年中たんぽぽ組/花火制作はじき絵
01
▲夜空に咲く花火を表現します。「白いクレヨンが出てくるんだよ!」と嬉しそうに話しながら、黒い絵の具を丁寧に塗っていました。
    冷房のきいたお部屋では、必ずマスクをつけます。
 
年少もも組/水遊び金魚すくい
200702(木)
◯年少もも組/水遊び金魚すくい
01
▲金魚すくいをしたり、水をバケツに入れて運んだり、水鉄砲をしたりと、それぞれのやり方で水に触れることを楽しみました。
    フェイスシールドは、感染予防と熱中症対策です。
 
年長すみれ組/夏まつりで飾る灯篭作り
200701(水)
◯年長すみれ組/夏まつりで飾る灯篭作り
01
早く作りたくて様子を見に来た友達も、制作に協力し、灯篭をおさえていてくれました。染め紙が色々な素敵なものに変身しています。。早く作りたくて様子を見に来た友達も、制作に協力し、灯篭をおさえていてくれました。染め紙が色々な素敵なものに変身しています。
 
年中たんぽぽ組/大きなお家
200701(水)
◯年中たんぽぽ組/大きなお家
01
▲ホールを広々使って、大きなお家を作りました! 赤ちゃん人形のお世話をしたり、積み木でシーソーを作ったり、思い思いに遊んでいました。
 
年少もも組/絵の具遊び
200701(水)
◯年少もも組/絵の具遊び
01
▲繰り返し、絵の具遊びを楽しみました。同じ活動をしていても、絵の具の色数が増えたり、大きな画用紙も登場したりと、バリエーションが増えることで興味が増し、活動への意欲が高まります。
 
年長すみれ組/屋台ごっこ
200630(火)
◯年長すみれ組/屋台ごっこ
01
▲夏まつりを意識しながら、混ぜて焼いて盛り付けて! 繰り返し楽しむ子どもたちです。サービス満点な店主さんたちは、大盛りの焼きそばをご馳走してくれますよ。
 
年中たんぽぽ組/七夕飾り作り
200630(火)
◯年中たんぽぽ組/七夕飾り作り
01
▲マーカーで模様を描き、霧吹きで水をかけると、綺麗なお魚の出来上がり! 模様が滲む様子が面白く、何枚も何枚も作っていた子どもたちです。
 
年少もも組/友達とのやりとりを楽しむ
200630(火)
◯年少もも組/友達とのやりとりを楽しむ
01
▲今までは一人遊びに夢中で、物と自分の世界が多かったもも組の子どもたち。だんだん友達とのやりとりを楽しむことがが増えてきています。
 

今日のトピックス

◯東日暮里幼稚園の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

併設連携小学校

関連リンク

 
 

アクセスカウンタ

190331まで=51407103976

メニュー

幼稚園経営方針園便り巻頭言園だより緊急災害時対応アクセス行事予定表年少組(3歳児)年中組(4歳児)年長組(5歳児)園の紹介登園許可証入園申込園内研究幼小連携コオーディネーショントレーニング'18までの情報'19 バックナンバー'20 バックナンバーひよこタイムPTAの窓東京藝術大学クラス便り

年少組・年中組/終業式

200323(月)
◯年少組・年中組/終業式
01

02
▲年少組、年中組の子どもたちが、今年度最後の一日を迎えました。園内放送による終業式では、それぞれの保育室で、園長先生のお話をしっかりと聞きました。
03
▲入園当初は身支度の始末を年長組さんに教えてもらっていた年少組。用品を持ち帰る身支度を自分でできるようになりました。
04
▲自分たちが大きくなったことを実感し、進級することに期待をもってほしいと、担任の先生は「おおきくなるということは」という絵本を読んでくれました。
05
▲自分たちで遊びの場を作り、友だちと一緒に遊ぶ楽しさを存分に味わえるようになった年中組。保育室半分ほどを使って、大きなお家ごっこを楽しみました。
06
▲年中組最後のご挨拶も、背筋を伸ばしてしっかりできました。
07
▲保護者の皆様、地域の皆様、今年度も東日暮里幼稚園の教育活動にたくさんのご理解、ご協力を賜り、ありがとうございました。来年度も、本園の子どもたちを温かく見守り、励ましていただけますよう、よろしくお願いいたします。
 

年少組/戸外遊び/固定遊具を使って

200225(火)
◯年少組/戸外遊び/固定遊具を使って
01

▲心地よい気候の中、戸外遊びを思いきり楽しめる日が増えてきました。最近は、「忍者の修行」と題し、滑り台を滑ったり、鉄棒に挑戦したりする機会を作っています。すると、遊びの中でも自分から鉄棒を楽しむ姿が増えてきました。教師は、子ども達の発達、興味関心を捉えながら、遊びの幅が広がるよう援助の工夫をしています。
 

年少組/茶道体験

200221(金)
◯年少組/茶道体験講師の先生をお招きし、茶道体験を行いました。
01
▲畳の上に正座をし、お茶やお菓子をいただく作法を学びます。先生がお茶をたててくださる様子、お茶をたてる音に集中し、興味深く眺めていました。
02
▲お抹茶とすあまをいただき、お腹も心も満たされた子どもたちです。
03
▲先生が教えてくださる一つ一つの動作を丁寧に真似ながら、日本の伝統文化に触れることができました。
 

年少組/表現参観

200219(水)
◯年少組/表現参観/歌・合奏・劇
01
▲お家の方に見守られ、ドキドキワクワクしながら元気いっぱい歌と合奏を行いました。
02
▲大好きな歌「ソレ!はくしゅ」に合わせて、鈴とカスタネットで合奏を楽しみました。
001 002
▲お家の方の笑顔や応援がとてもうれしかったです。担任のピアノ演奏が華をそえます。
003
▲いよいよ劇の始まりです。衣装を身につけると、役になりきっていました。さて、大きなかぶはできるでしょうか。
004 005
▲舞台袖では、自分の番を楽しみにしながら待っています。動物になりきって動き、登場しました。
05
▲みんなで力を合わせたら、大きなかぶが抜けました。最後はかぶのスープを作り、みんなでおいしくいただきました。

◯お忙しい中、ご参観いただきありがとうございました。
 

年少組/いよいよ明日は表現参観

200218(火)
◯年少組/いよいよ明日は表現参観
01
▲昨日は、年中組・年長組を招いて、歌や合奏、劇ごっこを披露しました。
02
▲初めてお客さんの前に立った子どもたちは、少し緊張していましたが、楽しんで表現することができました。
03
▲いよいよ明日は表現参観です。これまで友だちや先生と一緒に経験してきたことを、のびのびと楽しんで表現してほしいと願っています。
 

年少組/表現参観に向けて

200214(金)
◯年少組/表現参観に向けて(遊戯室でやってみよう)
01

▲これまで保育室で繰り返し楽しんできた劇ごっこ。「年中組さんや年長組さん、お家の人にも見てもらいたいね」と子どもたちから声が上がるようになり、保育室よりもっと広い遊戯室で劇ごっこをするようになりました。
02

▲場所が広くなり、ますます一人一人がのびのびと自分の表現を楽しんでいます。
 

年少組/かぶの種を植えよう!

200213(木)
◯年少組/かぶの種を植えよう!
01
▲お天気の良い日。保育室前の花壇の雑草を、担任と一緒に抜きました。1人2人と子どもたちが集まり、夢中になって花壇の手入れをしました。
02
▲そのうちに、繰り返し楽しんでいる「大きなかぶ」の劇ごっこを思い出した子どもたち。「この花壇にかぶの種を植えたい!」という声が上がり、かぶの種を撒くことにしました。
03
▲「劇ごっこみたいに、抜けないくらい大きなかぶができるかな?」子どもたちは毎日生長を楽しみにしながら、水遣りをしています。
 

◯年少組/演奏会ごっこ

200210(月)
◯年少組/演奏会ごっこ
01
▲アルパ演奏会後、「アルパ作ってみたい!」と年少組の子どもたち。もともと、空箱を使った楽器作りは楽しんでいたのですが、演奏会を体験し創作意欲が湧いたようです。
02
▲さすがに、あの大きなアルパを作ることは難しかったのですが、空箱に輪ゴムをかけて「弦」のようにし、弾いて演奏していました。中には、バイオリンや太鼓をイメージした手作り楽器も登場し、お客さんを招いて演奏会ごっこを楽しみました。
04
▲体験したことを自分たちの遊びや生活にすぐに繋げ、楽しめる子どもたちの感性、力は本当に素晴らしいです。これからも、子どもたちの遊びや生活を豊かにする体験を積み重ねていきたいと思います。
 

年少組/表現参観に向けて

200204(火)
年少組/表現参観に向けて(パネルシアターを使って)
01
▲先日、「親子パネルシアターの会」を楽しんだ子どもたち。見るだけではなく、今度は自分たちで遊べるようにと、保育室にパネルシアターコーナーを作りました。
02
▲劇遊びをしている「大きなかぶ」を出すと、自分たちでお話をしながら、登場人物を並べ始めました。絵本には出てこない動物たちも登場し、大好きなお話を繰り返し楽しんでいます。
 

年少組/表現参観に向けて

200127(月)
◯年少組/表現参観に向けて(劇遊びを楽しもう)
01
▲12月に年長組の劇遊びを見せてもらってから、「自分たちも劇遊びをやってみたい!」と子どもたちから自然と声が上がり、様々な絵本を使って劇遊びを楽しんでいます。
02
▲最近では、「大きなかぶ」が大盛り上がり。遊びを繰り返すうち、「ウサギも出てきたらいいな」「リスが出てくるのはどう?」などと、好きな動物の名前が挙がるようになり、年少組オリジナルの登場人物による大きなかぶが展開されています。子どもたちの「楽しい!」「こうしたい!」を大切に積み重ねています。
 

年少組/手遊び歌でリラックス

200122(水)
◯年少組/手遊び歌でリラックス
01
▲手遊びの魅力は、なんと言ってもそのお手軽さです。降園間近のちょっとした時間に楽しんでいます。
→手遊びで体全体を使ったり、手をつないだり、リズムに合わせた動きをすることで、脳の発達が促進されて想像力が豊かになり、子どもの成長にとてもよい効果が与えられます。
→別な遊びをしている子も手遊びで流れる音楽に反応し、所定の場所に集合し、ピタリと先生に体を向けます。
 

年少組/お帰りの前に

200117(金)
◯年少組/お帰りの前に
01

▲もうすぐ降園の時間です。寸暇を惜しんで友だちと遊んでいます。お人形の体調がすぐれないので、治療をしてあげてるそうです。
 

年少組・年長組/ヒヤシンスの成長

200114(火)
◯年少組・年長組/ヒヤシンスの成長
01
▲2学期に水栽培を始めたヒヤシンス。冬の寒さに耐えながら、力強く芽を出しました。その生長の様子から、驚きや不思議、探究心や感動など様々な学びを得ています。
02
▲花が咲くのを楽しみに待ちながら、しばらくは日々の生長をじっくり楽しみたいと思います。
 

年少組/もみの木集会(番外編)

191220(金)
◯年少組/もみの木集会(番外編)
「サンタさん、プレゼント持って幼稚園に来てくれるかな?」子どもたちは心待ちにしながら、プレゼントを入れてもらうバッグを作りました。
001 002
01
▲クリスマスツリーにシールを貼って飾り付け、雪のスタンプを押したら、バッグの両脇をカラフルなビニールテープで留めて、出来上がり。
 

年少組・年中組/こままわしに挑戦

191216(月)
◯年少組・年中組/こままわしに挑戦
02

01

▲お正月の伝承遊びのひとつ、こままわしに挑戦しています。年少組は、両手の平で心棒を揉んで回す「手もみ独楽」。年中組は、心棒に紐を巻き、その紐を引いて回す「糸引き独楽」。初めは苦戦していた子どもたちも、何度も挑戦するうちにコツを掴み、楽しみながら遊んでいます。
 

年少組・年中組/球根植え

191203(火)
年少組・年中組/球根植え
01

02

▲年少組と年中組のペアで、チューリップ、クロッカス、スノードロップの球根を植えました。先生に植え方を教えてもらった後、異年齢で仲良く1つのプランターに球根を並べました。
03

▲最後には水遣りをして…寒い冬を越え、春にはどんな花が咲くのか、日々のお世話、観察をしながら楽しみに待ちたいと思います。
 

年少組/年長さんの劇を見て…

191202(月)
年少組/年長さんの劇を見て…
01

▲年長組さんに劇を見せてもらった後、自分ならどの役がやりたいか話したり、年長さんが劇で使っていた小道具を真似て作ったりする姿が見られました。やはりいつだって年長組は憧れ。
02

▲お帰りの前には、学級のみんなで劇ごっこをやろうと「おおきなかぶ」ごっこをしました。順に出てきて、おおきなかぶを引っ張り、かぶが抜けたら大喜び!学年の枠を超えて刺激を受け、自分たちの遊びが豊かになります。
 

年少組/待っているときも先生と

191129(金)
◯年少組/待っているときも先生と
01

▲11月の誕生会での出番待ちの間、廊下で静かに待っています。先生とお話をしながら、子どもたちは何を考えているのか、寄り添いながら穏やかな日々を過ごしています。
 

年少組/新しい絵本コーナー

191128(木)
◯年少組/新しい絵本コーナー
01
▲保育室の絵本コーナーを新しくしました。保育室の中でも落ち着いた絵本に親しめるよう、コーナーを独立させ、ソファーを並べたことで、子どもたちが進んで絵本を手に取り、じっくり眺める姿が見られました。子どもたちの興味関心を引き出したり、学びや人との関わりを深めたりできるよう、環境の見直しを常に心がけています。
 

年少組/友だちとのやりとりを楽しむ

191127(水)
◯年少組/友だちとのやりとりを楽しむ
01
▲レジスターの前には、絵本を手にした子どもたち。「これください!」とレジの友だちに絵本を渡し、まるで本屋さんです。
02
▲ハンドル、椅子を並べ、「お父さんまだかしら?」と離陸待ちの飛行機。飛行機の外では、ウレタン積み木で飛行機の翼の点検中です。同じ遊びをしているようでもイメージは少しずつ違ったり、些細なことで遊びが中断したりすることもまだまだ多いですが、遊びをとおして、友だちとのやりとりが楽しい年少組です。
 

年少組・年中組/異年齢交流(園庭日和)

191125(月)
◯年少組・年中組/異年齢交流(園庭日和)
01
▲数日、冷たい雨が続いていたため、今日の日差しはとても心地よく、戸外遊び日和。園庭に大きなシートを広げ、年少組と年中組で一緒にお弁当を食べました。
02
▲お弁当の後は、リレーが盛り上がりを見せました。運動会での年長組さんに憧れて、年少組や年中組の子どもたちも力一杯走ります。何度も何度も繰り返し走り、「頑張れー!」と友だちに声援を送り、汗びっしょりになって思い切り遊びました。
 

年少組/仲良く並んで

191118(月)
◯年少組/仲良く並んで
01
▲戸外遊びから部屋へ帰ると、手洗いうがい。しっかりと生活習慣が身についています。友達と仲良く並んで、うがいのハーモニーを楽しんでいました。引き続き、「自分の体や健康に気付き、大切にすること」「そのために必要な生活習慣をしっかりと身につけること」を子どもたちに伝えていきます。
 

年少組/友だちまだかな…

191115(金)
◯年少組/友だちまだかな…
01

▲登園後、なかなか保育室へ向かわない2人。「どうしたの?」と尋ねると、「◯◯ちゃんを待ってるの」「まだかな、まだかな」と友だちが登園してくるのを待っていました。友だちの存在が、子どもたちの心の中に大きく位置付いていることを感じ、嬉しくなりました。
 

年少組・年長組/年間を通じた異年齢ペア

191107(木)
◯年少組・年長組/年間を通じた異年齢ペア
01

▲今年度は、異年齢交流を積極的に行おうと、年度当初に異年齢ペアを決めました。年間を通じて、遊びや生活のあらゆる場面で交流がもてるようにしてきたことで、子供たちはペアの友達への親しみを深めています。
 4月は、入園したての年少組の身支度を手伝ってあげても、なかなか思いが伝わらず、四苦八苦していた年長組。最近では、すれ違えば声を掛け合ったり、「ペアの子はどうしてるかな?」と保育室を覗きに行ったり…お互いのことが大好きになり、くっつかずにはいられない姿も見られます。
 年間を通じて同じ友達と、学年の枠を超えて交流することで、確かに育まれています。
 

年少組/遊びの場を変えることで

191106(水)
◯年少組/遊びの場を変えることで
01
▲いつものおままごとコーナーから、ままごと道具や家具を移動させ、保育室の真ん中にお家を作りました。玩具は、使い慣れ親しんだものばかりですが、場所を少し変えただけで、子供たちの遊びも楽しさも変化していきます。
 

年少組/子どもの発想を大切にする

191105(火)
◯年少組/子どもの発想を大切にする
01
▲みんなで一斉に不思議な光線を発しています。心を自由に開くように、友だちとのやりとりを大切にしています。
 

年中組/年少組との交流/異学年交流

191031(木)
◯年中組/年少組との交流/異学年交流
01
▲年中組が廊下にステージを作り、運動会で踊った曲に合わせて、踊りを踊ったり、空き箱で作ったギターを演奏したりしました。
02
▲お客さんは、ステージを見ながら、マイクを持って歌を歌うことができます。
 

年中組/年少組との交流/異学年交流

191031(木)
◯年中組/年少組との交流/異学年交流
01
02
▲年中組のお兄さんお姉さんが、麦茶を注いであげます。
03
▲「いただきます」のご挨拶も年中組のお当番さんがしてくれて、美味しく楽しくお昼ご飯を食べました。憧れの年長組さんみたいに、とても頼もしい年中組の子どもたちでした。
 

年少組/足立区生物園遠足

191029(火)
◯年少組/足立区生物園遠足
01
▲保護者から離れての初めての遠足に出発します。
02 0004
0001 0002
▲バスの中では、歌を歌ったり、ゲームしたりして、20分間楽しみました。
03
▲足立区生物園に到着すると、切り株に大きなきのこが生息していました。おそらく、自然に着床したものと思われます。
04
▲大きな水槽の中にいるような感覚になります。水槽の中にトンネルがあり、内側から除くことができます。口をおさえてくるしそうにんする子どもの演技はさすがです。
00001 00002
00003 00004
▲色とりどりの生物に釘付けです。
05
▲「チンチラ」のコーナーでは、中央にアクリル版の水槽が固定してあり、そこに潜り込むと間近にチンチラが観察できるように工夫されています。
001 002
▲大きな亀やニシキヘビが温度の管理された部屋で飼育されています。
003 004
▲カブトガニは、たくさん足の生えた裏側を見ることができます。巨大ナマズは、悠然と大型水槽の中で泳いでいます。
005 006
▲大温室の中では、数種類のチョウや熱帯植物が見られます。
07
▲大温室の入り口にひょうきんな猿が、子どもたちを向かえてくれます。
07
▲池の中には無数の魚が泳いでいて、子どもたちは、橋の上から覗き込みます。落ちはしないかとドキドキしました。
08 0001
▲「チョウの舞う大温室」では、お皿にハチミツとポカリスエットの粉を調合した液体にチョウが群がる様子が見れます。赤い花は造花だそうです。
09
▲展示室の中央では、海の青い光に舞う無数のクラゲを見ることができます。子どもたちはしばらく釘付けになりました。
 

年少組/お帰りの前に

191017(木)
◯年少組/お帰りの前に
01
▲先生が絵本を取り出し、いつもの場所に座ると、園児たちは指定席に集まります。おしゃべりをしている子、後ろを向いてる子も瞬時に集中します。日々、子どもたちは、本に親しんでいます。
 

年少組/親と別れて

191011(金)
◯年少組/親と別れて
01
▲運動会の親子競技の練習後、保護者が帰ると泣き出す子どもがいます。大好きなお父さん、お母さんと別れて涙が溢れます。振り切って、子どもと別れる保護者も辛そうです。親子の絆を感じます。
02
▲先生方は、手を変え品を変え、子どもたちを落ち着かせます。次第に笑顔が戻りました。こうして、園児たちは成長していきます。
 

年少組/園内研究保育

191004(金)
◯年少組/園内研究保育/自分なりに教師や友だちを真似し、自分なりに体を動かせ、イメージをもち、なりきって動いたり、表現する楽しさを体験しました。
01
▲ウォーミングアップ/走る・止まる・カニ歩き
02
▲寝返り立ち/集まるときに、いろいろな場所や向きで集まれるようにしています。
03
▲くの字・Sの字
04
▲スラローム走/走る幅を変えて、動きの違いを引き出せるようにしています。
05
▲海の鬼遊び・様々な用具を用意し、避ける・隠れる・飛び越えるなどの動きを引き出しています。
07
▲クールダウン/物がない方を向いて、気持ちが落ち着ける場に集まります。教師の合図を見て、手拍子で「心合わせ」をします。
06
▲好きな遊び/自分たちで遊びの場を作って、工夫して遊んでいます。
08
▲たくさん遊び、満足して帰宅します。
08
▲研究協議会では、講師の先生から具体的なご指導をいただき、次回の保育に生かしています。
 

年少組/アオムシは患者さん

190930(火)
◯年少組/アオムシは患者さん
01
▲「痛いところはありますか?」「お熱はかりますねー」と、アオムシのぬいぐるみを患者さんにして、お医者さんごっこを楽しむ2人。アオムシさんは、熱もあるし、あちこち痛いし、重症のようでしたが、2人の優しいお医者さんのおかげで、元気を取り戻しました。
 

年少組/稲刈りを見学

190926(木)
◯年少組/稲刈りを見学
01

02
▲年中組、年長組の稲刈りの様子を興味深く見ていた年少組。お米はどんな風にできたんだろう?と、稲を触ったり、においをかいだり、五感をフル稼働させていました。
 

年長組・年少組/安全指導

190924(火)
◯年長組・年少組/安全指導
01
▲横断歩道の渡り方を再度確認しました。「右見て、左見て、また右見て」手をあげてドライバーの顔を見て、横断歩道を渡ります。
02
▲年長さんと年少さんが、ペアになって行動します。年長さんはすっかりお姉さんです。責任をもって面倒をみます。日頃から一対一対応なので、年少さんも安心です。
03
▲「私は一人でこんなにこげますよー」年少さんにこぎかたをおしえてあげます。
03
▲砂遊びを一緒に考えます。
04
▲「そこは登ってもよろしいでしょうか?」
06
▲幼稚園のそばにこんなに広い公園があります。通称「ローラー公園」、区立日暮里公園は子どもたちの憩いの広場です。
 

年少組/くだもの屋さん

190919(木)
◯年少組/くだもの屋さん
01
▲色々な素材に出合いながら、果物を自分たちで作ると、くだもの屋さんが開店しました。美味しそうな果物がカゴいっぱいに入っています。
02
▲すると、カゴの中から一通の手紙を発見!手紙と一緒に添えられていたのは、果物がたくさん出てくるCDでした。ここからまた、子供たちの遊びや活動は広がります。
 

年少組/一緒に使おう!

190912(木)
◯年少組/一緒に使おう!
01
▲同じジョウロが使いたかった2人。「僕のだよ」「僕も使いたい」とお互い譲りません。しばらくすると、「そうだ、一緒に使えばいいじゃん!」「いいね!」と2人で仲良く使うことにしたようです。
02
▲4月に入園してから、先生や友だちと過ごす時間の中で、着実に信頼関係や人との関わり方を築いているのだと実感した場面でした。
 

年少組/コオーディネーショントレーニング

190910(火)
〇年少組/コオーディネーショントレーニング
01

02

03
▲地域拠点校として、JACOTの菅野映先生によるコオーディネーショントレーニング2回目を行いました。子供たちの様々な動きが自然と引き出されるよう環境を作ります。大好きな映先生や友達と一緒に、生き生きと体を動かしました。
 

年少組/プール納め

190906㈮
〇年少組/プール納め
01

02

03
▲年少組もみんなで水遊びを楽しみ、プール納めをしました。水におもちゃが浮くこと、時間が経つと沈むことを発見したり、空に向かって水鉄砲を発射したりと、思い思いに水に親しみました。
 

年少組/久しぶりのプール遊びの後は…

190903(火)
◯年少組/久しぶりのプール遊びの後は…
01
▲2学期がスタートし、久しぶりのプールを友達と楽しみました。
02 03
▲粘土遊びでは、のばしたり、くっつけたり…感触を楽しみながら思い思いに表現します。いつもは自由に粘土遊びを楽しんでいますが、今日は意図的に粘土で遊ぶ時間を設けました。
 

年少組・年長組/大掃除

190717(水)
◯年少組・年長組/大掃除
01

02

03
▲明日で1学期が終わります。長い夏休みに入る前に、自分たちの身の回りをきれいに掃除しました。年長組は、みんなのリーダーとして砂場の道具も洗いました。年少組は、雑巾の絞り方を教わってから自分のロッカーを拭きました。ピカピカになると気持ちがいいね!
 

年少組/お弁当いただきます!

190716(火)
◯年少組/お弁当いただきます!
01
▲先生と一緒に「お弁当の歌」を歌い、全員集中してから、いただきますの掛け声をかけます。
02
▲友だちのお弁当も気になります。毎日、残さず食べています。
 

年少組/お兄さんお姉さんがいない日は…

190711(木)
◯年少組/お兄さんお姉さんがいない日は…
01

02

03

▲年中組と年長組が遠足で不在の1日。お兄さんたちが作った基地を消防車に見立てて遊んだり、お店屋さんの食べ物を貸してもらったり。コオーディネーショントレーニングの活動は子供たちから「やりたい!」とリクエストがあり、思う存分体を動かして遊びました。
 

年少組/ワクワクする環境づくり

190710(水)
◯年少組/ワクワクする環境づくり
01

02
▲子供たちにとって、環境はとても大切です。ワクワクする環境、友だちとの関わりが生まれるような環境、夢中になって遊べる環境、興味関心が広がる環境…。教師は、常に子供たちにとっての環境を模索し、工夫して構成します。
 

年少組/シャボン玉の不思議

190705(金)
年少組/シャボン玉の不思議
01
▲シャボン玉は、空に高く飛んでいくもの。と思っていたら、地面に落ちたシャボン玉が消えずにキラキラ光ってる。これは、大発見!そして不思議!夢中になってシャボン玉を吹く子供たちでした。
 

年少組/プール遊び

190627(木)
◯年少組/プール遊び
01

02
▲年少組は、園庭にプールを広げて遊んでいます。自分たちのペースで水に親しみ、思い思いに水遊びが楽しめるように援助していきます。「もう終わりにするよー」と担任がプールの水をぬき始めると、名残惜しいと言わんばかりに水量の減ったプールに寝そべり、泳いだ気になっていました。
 

年少組/得意なポーズ

190625(火)
◯年少組/得意なポーズ
01
▲年少組のお部屋では、マントをはおったり、ドレスを着たりして様々なポーズをとって、子ども同士で見せあっています。ポーズが何を意味しているのかは、本人にしかわかりません。
 

年少組/先生が読んでくれた絵本を…

190621(金)
◯年少組/先生が読んでくれた絵本を…
01
▲先生が読んでくれたお気に入りの絵本を開き、声に出して読んでいる子がいました。すると、自然と友達が集まり始め、まるで読み聞かせのようでした。
 

年少組/水着を着て…

190620(木)
年少組/水着を着て…
01

02
▲ 来週から始まるプール遊びに向けて、水着の着脱の経験をしました。自分でできることは自分でやろうとする気持ち、自分でできた!という満足感を身近なところから味わえるよう、繰り返していきます。水着を着た後は、新聞プールや色水遊びで楽しみました。
 

年少組・年中組/異学年交流

190618(火)
◯年少組・年中組/異学年交流
01

02
▲ 異年齢交流を大切な機会と捉え、計画的に交流する場面を作っています。3学年全てがワンフロアーにあるという環境的利点も活かし、自然と関わり合う姿や一緒に遊ぶ姿が日常的に生まれるようにしています。この日は、年中組の部屋に遊びに行った年少組が、テラスで一緒にバーベキューごっこをしたり、並んで製作を楽しんだりしました。
 

年少組/ダンゴムシの赤ちゃんが産まれた!

190618(火)
年少組/ダンゴムシの赤ちゃんが産まれた!
01
▲ 園庭で見つけて、年少組の仲間になったダンゴムシたちから、赤ちゃんが産まれました。小さな小さな赤ちゃんの様子を興味深く、愛おしそうに眺める子供たち。年中組でも、同じようにダンゴムシの赤ちゃんが産まれたことを知り、ワクワクしながら見に行きました。ダンゴムシの赤ちゃん、すくすく大きくな〜れ。
 

年少組/広がる関わり

190614(金)
年少組/広がる関わり
01

02

03

少しずつ園生活に慣れ、友達への興味が芽生え、友達との関わりも増えてきました。ベビーカーにお人形を乗せ、友だちと一緒にお散歩へ行ったり、友だちの電車と自分の電車を長く繋げたり、お医者さんになって友だちを診察したり…日々微笑ましい関わりがあちらこちらで生まれます。
 

年少組/父の日「お父さんありがとう!」

190614(金)
◯年少組/父の日「お父さんありがとう!」
01

02

年少組は、ワイシャツの形をしたポケットフォルダーを作りました。身近にある色々な物を使ったスタンピングや手形を楽しみながら、喜んで作りました。
 

年少組/土曜参観/体幹を鍛える

190608(土)
◯年少組/土曜保育参観/コオーディネーショントレーニング/親子で体験しました。ご家庭でもお試しください。
01
▲「ラディアン」体幹の動きを手足に伝える基本動作を学びました。
02
▲「クローリング」腹ばいになって、ひじとひざでゆっくり前に進む運動です。
 年少組の子供たちにとっても初めてのコオーディネーショントレーニング。親子で一緒に楽しんだり、子供たちの様子を保護者の方たちに見てもらったりしながら、楽しみました。
 

年少組/先生のピアノに合わせて

190606(木)
年少組/先生のピアノに合わせて
01
鈴、卵マラカス、カスタネット。先生のピアノに合わせて、思い思いに楽器を鳴らします。いろいろな楽器に触れ、親しみながら、音やリズムの楽しさと出会ってほしいです。
 

年少組/かき氷作り

190606(木)
◯年少組/かき氷作り
01
年長組が砂場でかき氷づくりをしていたのを真似る年少組。上から砂をシャベルでこすり、土台の穴から下に砂を落とします。器には、こんもりとかき氷が。「砂もっといる?」「シロップはいかがですかー?」友達がどんどん集まってきました。
 

年少組/耳鼻科検診

190605(水)
年少組/耳鼻科検診
01
ドキドキしながら自分の順番を待ちます。みんな立派に検診を受けることができ、園医さんからほめていただきました。
 

年少組/友達と一緒に

190603(月)
年少組/友達と一緒に
01
何気なく始まった遊びに友達が集まります。小さな積み木を小さな手で力を合わせて積み上げます。協同という学びの芽生えが感じられる場面でした。
 

年少組/もも組/園生活

190530(木)
〇年少組/もも組/園生活
0001
▲始めてのお弁当です。箸の持ち方、挨拶のしかた、姿勢を正して、いただきます。
 

年少組/もも組/ダンスパーティー

190530(木)
◯年少組/もも組/ダンスパーティー
01
▲友だちと手を繋ぎ、クルクルと回り始め、まるでダンスをしているようです。一緒に踊ろうと誘い合い、次第にダンスパーティーになりました。ラプンツェルの曲に合わせ、ゆっくり踊ったり、クルッと素早く回ったりしながら、上手なダンスを披露しました。
 

年少組/読書に親しむ/読書の効用

190529(水)
◯年少組/読書に親しむ/読書の効用
01
▲登園すると、椅子に座って絵本を友だちと一緒に開きます。毎日、本に親しむ環境が整っています。/一人の人間が、一生に経験することには限りがあります。しかし、読書によって、ほかの人が経験したことを、自分のものとすることができます。読書経験を通して、社会を見る目を養う力をつけていきます。
 

もも組(年少組)/園生活

190530(木)
〇もも組(年少組)/園生活
001
▲楽しみにしていた「おやつ・お弁当」
002
▲まねっこ遊びが楽しいな
004
▲友だちと一緒に遊びを楽しみ、関わっています。
005
 

年少組/製作(ダンゴムシ)

190527(月)
年少組/製作(ダンゴムシ)
01

02
▲園庭でのダンゴムシ探しに夢中な年少組。子供たちの興味関心を製作活動にもつなげ、ダンゴムシを作りました。季節や発達段階に合わせ、年間を通して様々な創作を楽しんでいきます。
 

年少組/お餅をぺったん

190521(火)
◯年少組/お餅をぺったん
01
▲同じ場に、自分の粘土を持ち寄って、それぞれが遊んでいたのですが…1人が缶の中に粘土を入れ、「ぺったんぺったん」お餅つきを始めると、「私もやりたい」と仲間が増えて、3人で一緒にお餅をつき始めました。友達と一緒に遊ぶと、楽しさが広がります。
 

年少組/教育実習の先生と一緒に

190521(火)
年少組/教育実習の先生と一緒に
01
今週から、教育実習生が本園へやって来ました。年少組の子供たちは、あっという間に親しみを感じ、楽しく一緒に遊んでいます。
 

「やり抜く」経験の積み重ね

190520(月)
◯なにかを「やり抜く」経験の積み重ねが、自信、自己肯定感につながる
01
▲「子どもが最も伸びるのが、自分からすすんでなにかに取り組んでいるときです。小さいうちはちょっと遊んではまたすぐ次の遊びにうつるのは、よくあることなので心配いりません。夢中になれることを探している最中かもしれませんので、そんなお子さんは、ゆっくりあせらず見守ってあげましょう。」とは、日本女子体育大学 桐川敦子先生の言葉です。
 

年少組/もも組/朝のしたく

190515(水)
◯年少組/もも組/朝のしたく
01
▲入園して1ヶ月、自分の荷物は自分で準備できるように、毎日絵や文字を使って練習しています。すっかり慣れて、準備の時間が短縮されました。
 

年少組/貸して、どうぞ

190514(火)
年少組/貸して、どうぞ
01
仲良くみんなで粘土遊び。遊び道具を「貸して」「どうぞ」と言いながら、順番で使っていました。遊びを通して、友達とのやりとりを学んでいきます。
 

年少組/初めてのお弁当

190509(木)
年少組/初めてのお弁当
02

01
年少組のお弁当が始まりました。食事の支度を覚え、自分でできることは自分でしようとする力を育みながら、友達と一緒に食べる喜びを味わっていきます。
 

年少組/みんなでおやつ、おいしいな!

190507㈫
〇年少組/みんなでおやつ、おいしいな!
03
▲年少組のおやつタイム。「おいしーい!」というたくさんの声と共に、「おいしいポーズ」も連鎖して、お腹も心も幸せいっぱいの子供たちでした。
 

夢中でパズルに挑戦

190426(金)
年少組/もも組
01

▲登園すると、夢中でパズルに取り組む女の子。この集中力が近い将来、力を発揮します。
 

年少組/もも組/自分でできる

190423(火)
◯年少組/もも組/自分で
01
▲自分たちで手を洗い、うがいをします。日々、自立に向けて成長しています。
 

年少・年長組/ダイナミックに

190418(木)
◯年中と年長組/ダイナミックに
01
ポカポカと暖かく、戸外遊びが気持ち良いこの頃。砂場では、ダイナミックな遊びが展開され、水や砂の感触を存分に楽しみながら遊んでいます。
 

もも組/朝は泣いていたけれど…

190417(水)
◯年少(もも組)/
01
「ママと一緒がいい」と泣きながら登園してきた子も、お友達や先生、お兄さんお姉さんと楽しく遊んで、帰る頃にはこんな笑顔に。
 

年少/年長

190417(水)
◯年少/年長/仲良く一緒に絵本を開いて
01
降園の身支度の後は、年長組・年少組で仲良く絵本タイムです。読み聞かせ、とまではいきませんが、年長組が絵本を開いて見せてくれます。頭を寄せ合い1冊の絵本を眺める姿は微笑ましいです。
 

年少組(もも組)身じたく

190417(水)
◯年少組(もも組)身じたく
01
入園間もないため、毎日登園後と降園前に年長組が年少組に身支度の仕方を教えてあげています。
幼稚園の最高学年として、年少組のお世話をする姿は、とても頼もしく誇らしげです。また、優しく教えてもらった年少組も嬉しそうに身支度をしています。
 

年少組(もも組)/自分でできるように

190417(水)
◯年少組(もも組)/自分でできる
01
▲年長さんが年少さんの面倒をみています。今日は、直接手伝うのではなく、できることを見守ってあげます。お姉さん、お兄さんとしてよくお世話をしています。
 

年少組/もも組/園内探検

190416(火)
◯初めての園内探検
01
▲入園したての3歳児。先生やお友達と列車になって、 園内探検に出発進行!幼稚園で安心して過ごせるように、どんなお部屋がどこにあるのか、一つ一つ知らせていきました。