Child-Centered Education


281005 タイトル
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-27-12  電話番号 03-3893-8890  ファクシミリ番号 03-3810-9721
 

お知らせ【5年生広尾町ホームステイについて】R1.8.20~8.22

5年生は3日間のホームステイを終え、無事東京に帰ってまいりました。
お迎えいただいた皆様ありがとうございました。


2日目に音調津で行われた津波想定の避難訓練の様子が、NHK北海道NEWS WEBにて公開されています。
ご視聴可能な方は是非ご覧ください。


NHK北海道「東京の小学生が津波避難訓練」
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190822/7000012958.html

また、事業コーディネーター作成の情報掲示板は暫くの間閲覧可能となっています。
アドレス・パスワードは個人面談で配布したお便りをご確認ください。
 

トピックス=日々の活動を写真で紹介します。

〇右の更新内容を確認してください。
〇トピックスの過去の記事は「バックナンバー」に格納されますので、ご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
平成30年度の過去の記事は
「30バックナンバー」へ→

-------------------------------------------------------------------------
平成29年度の過去の記事は
「29 バックナンバー」へ→

------------------------------------------------------------------------
平成28年度の過去の記事は
「28バックナンバー」へ→
 

所在地・連絡先・交通アクセス

所在地

〒116-0011
東京都荒川区西尾久5-27-12

電話番号    03-3893-8890

ファクシミリ番号    03-3810-9721

交通アクセス

  • JR高崎線・宇都宮線 尾久駅より徒歩8分
  • 都電荒川線 荒川遊園地前より徒歩1分

 

トータルカウンタ

COUNTER205862 167400(160901-190331)
from 2016/09/01

Index

学校紹介学校便り巻頭言アクセス行事予定表PTAの窓HP運用ガイド30バックナンバー29バックナンバー28バックナンバー

道徳授業地区公開講座/協議会

<10月14日(土)>
〇道徳授業地区公開講座/協議会
↓有識者による講演会では、道徳観や正義感の充実を図るために、3つの育成ポイントを示していただきました。
1 自然体験の豊富な子供
2 生活体験が豊富な子供
3 お手伝いをする子供
15
 

土曜公開授業日/道徳授業公開/授業風景

<10月14日(土)>
〇土曜公開授業日/道徳授業公開/各クラスの授業風景
↓1年生/「友情」友達と仲良く助け合おう 意見を出し合う子供たち
13
↓1年生/友達の気持ちを考えて、だれとでも仲良く助けあっていこうと話し合いました。
11
↓わかくさ学級/「広い心で」相手が何を伝えようとしてるか理解する学習です。ボードゲーム「フレンドシップアドベンチャー」を活用し、場面に応じた行動を考えました。
10
↓わかくさ学級/「親切」友達に温かい心で節し、親切にする学習です。
09
↓3年生/「自然愛」自然のすばらしさや不思議さを感じ取り、自然や動植物を大切にする学習です。自然や動植物を大切にしようとする意欲を高めました。
08
↓4年生/「生命尊重」命の尊さを感じ取り、命あるものを大切にすることを学びました。
08
↓4年生/オリンピックに出場するためには、大変な努力が必要であり、出場が決まると、周囲の期待も大きい。「人間愛の金メダル」というドキュメンタリーを題材に、かけがえのない生命を大切にしようとする気持ちを育てます。
07
↓5年生/「正直誠実・明朗」いつも誠実に、明るい心をもって生活する心を育てます。
07
↓6年生/「郷土愛」 地域やふるさとを愛する心を育てます。
06
↓6年生/私たちの住む地域、学校に対して、誇りに思う気持ちを育てます。
05
↓6年生/荒川区オリジナルの郷土資料集から「校章に込められた思い」を活用し、三河島菜が校章に刻まれた学校の校章と尾久西小学校の校章を比較して、母校愛を学びました。
04
↓2年生/「友情」 友達と仲良くし、助け合うことを学びました。
03
↓2年生/友達がいてよかったと思った経験を発表し合いました。これまでの自分の経験を振り返ることが大切です。
02
↓2年生/友達がいたから頑張れた経験が子供たちから発表されました。一番大切なのは友達であることを「どっちーぬくん」という物語を介して学びました。
01