気象警報等の対応について

〇台風が近づくシーズンですので、今一度ご確認ください。

【配布版】気象警報等の通知文.pdf
 

オンライン学習教材「eライブラリ」

〇 学校での学習に加え、ご家庭でもログインして続きを進めることができるようになりました。
〇 以下のバナーから児童用ログイン画面に、学校コード、ログインID、パスワードを入力してご使用ください。


https://ela.kodomo.ne.jp/students
 

スマートフォン版

当ホームページをスマートフォンでご覧になると、いくつかの制約があります。
①スマートフォンでホームページを見ると、全体を見ることができません。
 画面左下のPCアイコンをタップすることで、スマートフォンでもPC版の
 ホームページをご覧になることができます。



②iPhone(iOS)で、音楽データ(九峡校歌など)を聴くと、途中で途切れたり
 一定の場所でループする現象が起こる不具合があります。
 ・音楽データの題名を長押しし、ダウンロードをすることで解消します。

・ダウンロード
後はアドレスバー横の↓をタップすることで聴くことができます。
 

登校証明書

特定の感染症にかかった場合、医師の証明書が必要となります。
以下の証明書を印刷し記入の上、登校時にご提出ください。


 〔 登校証明書 〕
 

アクセスカウンタ

トータル322589

9峡小 QRコード

 

令和2年度 運動会

「仲良く協力する子」をめざして

  児童がたがいに仲のよい関係をつくれるよう、学校全体で計画的に活動しています。
  児童が安心して学校に通い、楽しく過ごすことで、健全な成長が期待できます。
  周囲の友達とつながり、共に協同生活を送ることで、個人としての成長を図っていきます。
 

1. 第九峡田小学校では、全校児童を兄弟のように育てています。
   1年生から6年生までが「なかよし班」で一緒に遊んだり、給食を食べたりしています。
   こうして一緒に過ごすことで、学年を超えた交流が出来ています。

 kyuushoku1 asobi

 2. たがいに協力して活動する機会をふやしています。
   地域清掃や、地域を花で飾る「花いっぱい運動」など、ともに力を合わせる活動を多くしています。
   そのほか、それぞれの学級でも、自分たちの学級を楽しくする活動をみんなで考えています。

 hanashiai seisou
 hanaippai

 3. 自分より年下の友達にはやさしくせっします。
   九峡小の子供たちの特色は、年下にやさしいこと。
   学年を超えた活動を多くすることで、自分の成長に応じた自覚が育っています。

 mukaerukai hananoki
 

九峡小の1年間(2019年)

下田臨海学園(7月26日~28日)

4年生が下田臨海学園に出かけました。台風が接近する中、天候に恵まれ楽しい海になりました。

毎日の食事もとても美味しかったです。

夜は多目的ホールを借りて、楽しいレクに盛り上がりました。


最終日は磯遊び。波は穏やかな凪。干潮時だったので、いろいろな生き物を見つけました。


ふれあい給食


おじいちゃんおばあちゃんのためにみんなで協力して、準備をしました。


おじいちゃんおばあちゃんと楽しくお話をしながら給食を食べました。


おじいちゃんおばあちゃんが昔の学校の話をしてくれて、
興味津々に話を聞いたり、質問をしたりしていました。

 

運動会


9月29日(日)天候にも恵まれ、80周年記念大運動会が開催されました。

 
キレッキレのダンスとキラッキラの笑顔で楽しく踊りました。

 
花笠音頭を堂々と踊り、最後に80の人文字で飾りました。

 
扇子を使ってダイナミックに踊りました!腰を落とすのが大変だった!

 

ふれあいの日

 

おじいちゃんおばあちゃんと楽しくお話をしながら給食を食べました。

 

おじいちゃんおばあちゃんが昔の学校の話をしてくれて、興味津々に話を聞いたり、質問をしたりしていました。




 

10月5日、土曜授業日。なかよし班で協力し合って、花の苗を植えかえました。

  

 

 

「よく考えやりぬく子」をめざして

  自分の力を使って、確かに学んでいく授業を進めています。
  体験して気づくことをもとに、知識を学び、経験と知識との結びつきを図ります。
  知っているだけでなく、それを使えることを目指して練習します。
1. 問題の答えを見つけ出す面白さが味わえる授業を工夫しています。
 やりかたを教わって、それをまねする授業ではなく、自分で考えて答えを見つけ出す授業づくりをしています。
 道具を使ったり、図にかいてみたり、ときには近くの友達と相談したりして、答えを出していきます。
 


2. 覚えたことは、繰り返し練習することで、使いこなせるようにしていきます。




3. 知識は体験と結びつくことで、生きた力となります。授業でも、内容が理解できるように、実験や見学、調査など、体験を通して学ぶことを重視しています。