【教育目標】 考える子・たくましい子・思いやりのある子


 夕焼け小焼けの作詞・中村雨紅先生ゆかりの学校校名
ARAKAWA - DAISAN - NIPPORI - ELEMENTARY - SCHOOL
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里3丁目10番17号
 電話 03-3891-6307 FAX 03-3801-9816
 
 

本日の来場者数

COUNTER876←毎日リセットされます
道徳授業地区公開講座/土曜授業公開日
211204(土)
◯道徳授業地区公開講座/土曜授業公開日

▲5・6年生では、「いじめを止めるために」と題して、第一東京弁護士会の弁護士の先生をゲストティーチャーにお招きし、道徳の授業を行いました。いじめはなぜやってはいけないのかを考え、いじめをせずに友だちを大切にしていく大切さをみんなで考えました。

▲実際にあった過去のいじめの事例や裁判例をもとに、人権を守ることの大切さに触れ、いじめを防止するためには、どのような考えが必要かを学びました。

▲地区公開講座には、たくさんの保護者の方にご参加いただき、弁護士の先生から「お子さんがいじめの当事者になったら」というテーマで具体的なアドバイスをいただきました。
→「親同士の感情で裁判までいってしまう場合があるが、子どもの立場が不利になることがある。本当に子どものためになるかを考えて行動してほしい。」
→「罰を与えても解決できない。失敗したら、一緒に考えるのは親の役目である。」
→「子どもが話してくれる状況を作っておくことがとても大切である。」
→「保護者もストレスにさらされる。心配するだけでなく、第三者に相談してほしい。」

◯本校では、今後も継続的にいじめについて、子どもだけでなく、保護者の方にもご協力いただき、予防に努めてまいります。
 
1年生/図書の時間/目標達成
211203(金)
◯1年生/図書の時間/目標達成しました
▲図書の貸出は、個別の登録カードにより、バーコードですべて管理されています。常勤の学校司書さんが、丁寧に処理しています。
▲「1年間でこれだけ本を読もう」と呼びかけ、学年ごとに読書目標を設定しています。好きな本を読むのは、どの子もクリアしていますが、「推薦図書」はハードルが高いようです。子どもたちは果敢に挑戦しています。
▲本が好きな子は集まれと、声をかけると、本を掲げてくれました。どんな本かなと質問すると、内容や良かったところをどんどん話し始めます。本が大好きな子は、心が豊かになります。
▲学校図書館の計画的な活用を支えている一つが「三日読書ノート」です。学年に応じ作成されている「三日読書ノート」で、子供たちは図書館について知り、学び方を学び、さらに自分の読書の記録を残しています。
 
委員会活動/保健委員会「感染症対策」
211202(木)
◯委員会活動/保健委員会「感染症対策」/保健委員会では、カゼや感染症の予防について、お昼の放送の時間に全校へ注意を呼びかけました。
 「12月になって、寒くなり、カゼの季節がやってきました。カゼのことについて話します。
 季節の変わり目は、体力、免疫力が弱くなると言われています。熱が出ることがありますが、それは、体がばい菌をやっつけようと戦っている証拠です。高熱はつらいですが、そのおかげでカゼを治すことができます。
 子どもがかかりやすい病気の多くは、ウイルスや細菌などのばい菌によってうつります。予防するには、「うがい」「手洗い」はもちろん、「加湿」が大切です。空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜も乾燥して、病気にかかりやすくなります。加湿器を使って乾燥をふせぎましょう。」
▲6年生を中心に、5年生を含めたメンバーで、チームワークよく、一年間活動をしています。
 
5年生/オーストラリア国際交流/クリスマスカード
211202(木)
◯5年生/オーストラリア国際交流/クリスマスカードを送ろう

▲5年生が取り組んでいるオーストラリア国際交流事業では、先日オンラインで交流した友だち全員にクリスマスカードを作成し、国際郵便で送ることにしました。
 相手校であるリトルグローブ小学校の6年生は、12月末に卒業してしまうため、まずは電子データを送付し、現地でプリントアウトし、本人に渡してくださるそうです。
 カードそのものは、後日現地の先生から手渡しとなります。グループごとに交流しているので、相手校の児童と名前で呼び合い、親しくなって、今後も交流が続くことを願っています。
 
5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気
211201㈬
◯5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気」/荒川区小学校教育研究会

▲授業が始まる前に、学校司書がアンパンマンの絵本の読み聞かせを行いました。アンパンマンが、自分の頭を捧げて、頭がすっかりなくなってしまう場面では、子どもたちも驚いていました。

▲アンパンマンの作者であるやなせたかしさんの生き方について、自分の考えをもち、読み深めることで自分の考えを広げるのが目当てです。

▲これまで書きためた「人物メモ」を振り返りながら、自分が影響を受けた出来事や人物の行動について考えました。

▲グループで自分の考えを出し合い、友だちの考えを聞いて気づいた点をメモします。先生は、一人一人確認しながら、アドバイスをしています。
▲友だちと意見交換したことで、新たな発見や自分の考えを再構築することで、広がりや深まりを実感することができました。

▲荒川区内の先生方が60名以上集まり、研究会が行われました。協議会では、子どもたちが、本をよく読み込み、書く力がついていると評価していただきました。

▲大田区立梅田小学校・甲斐裕子校長先生を講師にお招きし、学習指導要領の基礎基本から、伝記読本の有用性に至るまで、大変貴重なご指導をいただきました。また、「座右の銘」集を作成し、学校図書館に寄贈するアイデアも教えていただきました。
 
体力向上チャレンジ週間が終了
211130㈫
◯体力向上チャレンジ週間が終了しました。
▲竹馬・一輪車・フラフープ・うんていの4つに果敢に挑戦した1週間でした。このチャレンジは、三日小学校はじめての試みでしたが、子どもたちの頑張る姿に今後も継続することが決まりました。3学期もチャレンジ週間を設定しますので、練習を続けて、技を磨いてほしいです。
 

今日のトピックス

◯三日小の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

連携幼稚園・保育園



yuuyake


guro-baru

ういず
 

アクセスカウンタ

Total=467246 (190331まで=212003)

学校ホームページ運用ガイドライン

学校ホームページ運用ガイドライン

荒川区立第三日暮里小学校

 

第1 趣旨

このガイドラインは荒川区立第三日暮里小学校のホームページを運用する場合に必要な事項を示すものである。

 

第2 学校ホームページの目的

学校ホームページは、「開かれた学校づくり」に資するためのものである。

 

第3 学校ホームページの管理者

学校ホームページの管理責任者は校長とし、具体的な管理運営担当者は校長から任命された教職員がその任にあたる。

 

第4 学校ホームページの公開

学校ホームページの内容については学校の教育活動を中心とし、校長の承認を得てから公開する。その際、転載・引用の可否等、制限事項にかかわる適切な表示をすること。

 

第5 情報公開にかかわる留意事項

1 著作権にかかわる留意事項

(1)インターネット・テレビ・ビデオ・書籍・新聞・雑誌等から取り込んだ、画像・動画・文章・記事等を転載する場合には、必ず著作元の承諾を得るとともに、以下の事項に留意して、公正に努める。

ア 他人の著作物を引用する必然性があること

イ 出所の明示をすること

ウ 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること

エ 自分の著作物と引用部分との区別ができるよう、「 」などをつけること

(2)児童生徒の作品などを公開する場合には、児童生徒及び保護者の承諾をるとともに、その作品などには著作権があることを表示する。

また、事前に承諾をた内容であっても、児童生徒及び保護者から訂正や削除の要請があった場合には、速やかに掲載内容を訂正あるいは削除する。

2 個人情報保護にかかわる留意事項

(1)教育的効果等を期待し、顔写真・氏名等を公開する場合には、児童生徒及び保護者の承諾を得る。また、事前に承諾をた内容であっても、児童生徒及び保護者から訂正や削除の要請があった場合には、速やかに掲載内容を訂正あるいは削除する。

(2)公開するにあたり配慮すべき個人情報

ア 戸籍に関する情報

イ 心身に関する情報

ウ 経歴に関する情報

エ 財産・収入に関する情報

オ 成績・能力に関する情報

カ 思想・信条に関する情報

キ プライバシーの侵害となる恐れがある、個人の生活に関する情報

3 公開してはならない情報

(1)法令(著作権法、個人情報保護法等)に反するもの

(2)公序良俗に反するもの又は教育上不適切なもの

(3)個人・団体に対して、誹謗中傷したり不利益をもたらしたりするもの

(4)犯罪行為に結びつく恐れのあるもの

(5)営利を目的としたもの

(6)特定の企業や商品等の宣伝等

(7)特定の宗教の宣伝、あるいは布教活動に関するもの

(8)特定の政治団体の宣伝、あるいは選挙活動に関するもの

(9)事実に反するもの

(10)その他、教育委員会が不適切と判断したもの

 

第6 学校ホームページのリンクについて

1 学校ホームページに、他のホームページをリンクさせる場合には、教育的効果に十分配慮し、リンク先の承諾を得てから設定する。

2 有害情報等が含まれるホームページへのリンクは設定しない。

3 学校ホームページに他のホームページからのリンクの申請があった場合には、必ず校長の承諾を得てから、許諾をする。

4 学校ホームページに無断でリンクされたことが確認できた場合には、削除を要請することができる。

 

第7 日常の管理

1 学校ホームページの設置サーバは、荒川区教育委員会が指定するサーバとする。

2 校長は、管理運営担当者に、学校ホームページの管理・運営に関する指導及び助言を行う。

3 管理運営担当者は、日常の管理を行ない、学校ホームページの適正化を図る。

 

第8 非常時の対応

学校ホームページに問題が生じた場合には、校長の指導のもと、適切な処置を行うとともに、関係機関への連絡を行う。

 

附則

この学校ホームページ運用ガイドラインは、令和元年5月1日から施行する。