【教育目標】 考える子・たくましい子・思いやりのある子


 夕焼け小焼けの作詞・中村雨紅先生ゆかりの学校校名
ARAKAWA - DAISAN - NIPPORI - ELEMENTARY - SCHOOL
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里3丁目10番17号
 電話 03-3891-6307 FAX 03-3801-9816
 
 

本日の来場者数

COUNTER885←毎日リセットされます
道徳授業地区公開講座/土曜授業公開日
211204(土)
◯道徳授業地区公開講座/土曜授業公開日

▲5・6年生では、「いじめを止めるために」と題して、第一東京弁護士会の弁護士の先生をゲストティーチャーにお招きし、道徳の授業を行いました。いじめはなぜやってはいけないのかを考え、いじめをせずに友だちを大切にしていく大切さをみんなで考えました。

▲実際にあった過去のいじめの事例や裁判例をもとに、人権を守ることの大切さに触れ、いじめを防止するためには、どのような考えが必要かを学びました。

▲地区公開講座には、たくさんの保護者の方にご参加いただき、弁護士の先生から「お子さんがいじめの当事者になったら」というテーマで具体的なアドバイスをいただきました。
→「親同士の感情で裁判までいってしまう場合があるが、子どもの立場が不利になることがある。本当に子どものためになるかを考えて行動してほしい。」
→「罰を与えても解決できない。失敗したら、一緒に考えるのは親の役目である。」
→「子どもが話してくれる状況を作っておくことがとても大切である。」
→「保護者もストレスにさらされる。心配するだけでなく、第三者に相談してほしい。」

◯本校では、今後も継続的にいじめについて、子どもだけでなく、保護者の方にもご協力いただき、予防に努めてまいります。
 
1年生/図書の時間/目標達成
211203(金)
◯1年生/図書の時間/目標達成しました
▲図書の貸出は、個別の登録カードにより、バーコードですべて管理されています。常勤の学校司書さんが、丁寧に処理しています。
▲「1年間でこれだけ本を読もう」と呼びかけ、学年ごとに読書目標を設定しています。好きな本を読むのは、どの子もクリアしていますが、「推薦図書」はハードルが高いようです。子どもたちは果敢に挑戦しています。
▲本が好きな子は集まれと、声をかけると、本を掲げてくれました。どんな本かなと質問すると、内容や良かったところをどんどん話し始めます。本が大好きな子は、心が豊かになります。
▲学校図書館の計画的な活用を支えている一つが「三日読書ノート」です。学年に応じ作成されている「三日読書ノート」で、子供たちは図書館について知り、学び方を学び、さらに自分の読書の記録を残しています。
 
委員会活動/保健委員会「感染症対策」
211202(木)
◯委員会活動/保健委員会「感染症対策」/保健委員会では、カゼや感染症の予防について、お昼の放送の時間に全校へ注意を呼びかけました。
 「12月になって、寒くなり、カゼの季節がやってきました。カゼのことについて話します。
 季節の変わり目は、体力、免疫力が弱くなると言われています。熱が出ることがありますが、それは、体がばい菌をやっつけようと戦っている証拠です。高熱はつらいですが、そのおかげでカゼを治すことができます。
 子どもがかかりやすい病気の多くは、ウイルスや細菌などのばい菌によってうつります。予防するには、「うがい」「手洗い」はもちろん、「加湿」が大切です。空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜も乾燥して、病気にかかりやすくなります。加湿器を使って乾燥をふせぎましょう。」
▲6年生を中心に、5年生を含めたメンバーで、チームワークよく、一年間活動をしています。
 
5年生/オーストラリア国際交流/クリスマスカード
211202(木)
◯5年生/オーストラリア国際交流/クリスマスカードを送ろう

▲5年生が取り組んでいるオーストラリア国際交流事業では、先日オンラインで交流した友だち全員にクリスマスカードを作成し、国際郵便で送ることにしました。
 相手校であるリトルグローブ小学校の6年生は、12月末に卒業してしまうため、まずは電子データを送付し、現地でプリントアウトし、本人に渡してくださるそうです。
 カードそのものは、後日現地の先生から手渡しとなります。グループごとに交流しているので、相手校の児童と名前で呼び合い、親しくなって、今後も交流が続くことを願っています。
 
5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気
211201㈬
◯5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気」/荒川区小学校教育研究会

▲授業が始まる前に、学校司書がアンパンマンの絵本の読み聞かせを行いました。アンパンマンが、自分の頭を捧げて、頭がすっかりなくなってしまう場面では、子どもたちも驚いていました。

▲アンパンマンの作者であるやなせたかしさんの生き方について、自分の考えをもち、読み深めることで自分の考えを広げるのが目当てです。

▲これまで書きためた「人物メモ」を振り返りながら、自分が影響を受けた出来事や人物の行動について考えました。

▲グループで自分の考えを出し合い、友だちの考えを聞いて気づいた点をメモします。先生は、一人一人確認しながら、アドバイスをしています。
▲友だちと意見交換したことで、新たな発見や自分の考えを再構築することで、広がりや深まりを実感することができました。

▲荒川区内の先生方が60名以上集まり、研究会が行われました。協議会では、子どもたちが、本をよく読み込み、書く力がついていると評価していただきました。

▲大田区立梅田小学校・甲斐裕子校長先生を講師にお招きし、学習指導要領の基礎基本から、伝記読本の有用性に至るまで、大変貴重なご指導をいただきました。また、「座右の銘」集を作成し、学校図書館に寄贈するアイデアも教えていただきました。
 
体力向上チャレンジ週間が終了
211130㈫
◯体力向上チャレンジ週間が終了しました。
▲竹馬・一輪車・フラフープ・うんていの4つに果敢に挑戦した1週間でした。このチャレンジは、三日小学校はじめての試みでしたが、子どもたちの頑張る姿に今後も継続することが決まりました。3学期もチャレンジ週間を設定しますので、練習を続けて、技を磨いてほしいです。
 

今日のトピックス

◯三日小の教育活動の様子を写真とともにお知らせ致します。お見逃しなく!ご覧いただけなかった記事は、「'19バックナンバー」をご覧ください。
 

連携幼稚園・保育園



yuuyake


guro-baru

ういず
 

アクセスカウンタ

Total=467255 (190331まで=212003)

MUNE

感染症対策学校概要アクセスHPガイドライン学校便り巻頭言登校証明書幼小連携わんぱく相撲防災マニュアルSNS学校ルールいじめ防止基本方針同窓会地域・地区行事予定表三日メンズ学校パワーアップeライブラリ※ お知らせTPC活用プログラミング教育日本語指導'19 バックナンバー'20 バックナンバー'21 バックナンバー学校図書館研究辞書引き学習
5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気
211125㈭
◯5年生/国語「やなせたかし-アンパンマンの勇気
01
▲アンパンマンの作者であるやなせたかしさんの生き方について、自分の考えをもち、読み深めることで自分の考えを広げるのが目当てです。
02
▲これまで書きためた「人物メモ」を振り返りながら、自分が影響を受けた出来事や人物の行動について考えました。
03
▲グループで自分の考えを出し合い、友だちの考えを聞いて気づいた点をメモします。先生は、一人一人確認しながら、アドバイスをしています。
04
▲友だちと意見交換したことで、新たな発見や自分の考えを再構築することで、広がりや深まりを実感することができました。
 
5年生/オーストラリア国際交流(第1回)
211118(木)
◯5年生/オーストラリア国際交流(第1回)
01
▲英語を学んでいる5年生の児童がオーストラリアのリトルグローブ小学校とオンラインで交流しました。相手校の子どもたちは、日本語を第二外国語で選択しているクラスの4年生から6年生です。
002
02
▲この取り組みは、両校の児童が互いに相手国の言語を用いて、コロナ禍においても、オンラインによるコミュニケーションを図り、互いの国や文化に興味を持ち、友好関係を築くことを目的に実施したものです。
03
▲三日小の子どもたちは、英語で、リトルグローブ小学校の児童は日本語で「Hello!」「こんにちは!」と笑顔であいさつしあいました。
 一人ひとり自己紹介をした後、学んでいる英語で発音に注意しながら、相手国の文化や最近の様子等を聞いたり話したりしました。
 ポケモンの話題にもなり、お互いにイラストを見せ合う場面もあり、自分たちで自由に交流していました。

001▲今回の取り組みの様子は、後日荒川ケーブルテレビのニュースでも紹介される予定です。放送日は追ってご連絡いたします。

 本校で英語を学んでいる子どもたちが、オーストラリアで日本語を学んでいる小学校の子どもたちとの交流により、今まで学んできた語彙や表現を実際のコミュニケーションにおいて活用できる場を設けられたことは、児童にとって、たいへん有意義なことです。
 本校の子どもたちは、1年生から英語に親しみ、外国人講師と学習しています。全校でワールドタイムに毎年取り組み、3年生でパスポートノートを活用した入国・出国検査体験、5年生では、同学年の外国の子どもたちと直接交流し、6年生では中学校英語の準備を始めるプログラムを実践しています。

 今後とも、主体的に英語を用いてコミュニケーションを図ることで、オーストラリアの国や文化に対する理解を深め、友好関係を築いてまいります。
 
5年生/学年作品/学年作品の仕上げ
211027(水)
◯5年生/学年作品/学年作品の仕上げ
01
▲展覧会に向けて、学年作品の仕上げに入りました。絵の具を混ぜて、色を作るグループ、三日小を取り巻く環境を描くグループに別れての作業です。もの作りを通じて、最後までやり遂げる気持ちが育っています。
 
5年生/図工「学年作品」の制作
211019(火)
◯5年生/図工「学年作品」の制作
01
▲完成予想図を見ながら、説明を聞きました。体育館に通じる階段の側面に貼り付け、遠くから見ると一枚の絵として作品が浮き上がります。
02
▲かなり大きな作品になりそうです。展覧会が終わっても、常設展示として飾っておきたいです。子供たちの力作に期待しましょう。
 
5年生/セーフティ教室
211012(火)
◯5年生/セーフティ教室/「使えてる!?ネット・スマホをスマートに」
01
▲東京都ファミリeルール事務局の方が講師として、SNSの課題について解説していただきました。インターネット・携帯電話・ゲーム等のトラブルから子どもたちを守るために、事例に基づき、子どもたち同士で意見をだしあいながら、ルール作りの大切さを学びました。
02
▲実際のチャットのやりとりの画面をもとに、どうしてトラブルになったのか、意見交換しました。やりとりでは、「うまくない?」という書き込みが本来「とてもじょうずだね」の意味が「じょうずではない」と言われたと思って、勘違いした場面でした。言葉だけのコミュニケーションは誤解が生じやすいので気をつけましょうというまとめでした。
 
5年生/清里移動教室説明会
211009(土)
◯5年生/清里移動教室説明会
01
▲緊急事態宣言が解除され、初めての保護者会となりました。ご来校ありがとうござます。入場の際には、正面玄関で非接触体温計による測定と手指消毒のご協力ありがとうございます。
02
▲会場は体育館でディスタンスを十分にとり実施しました。清里移動教室の全体説明と集金を行いました。説明時間が限られますので、個別にご質問のある方は、担任に後ほどお問い合わせください。
 
5年生/音楽「ビリーブ」/学校説明プレゼン準備
211004(月)
◯5年生/音楽「ビリーブ」/学校説明会プレゼン準備
01
▲体育館で、ディスタンスをとり、「ビリーブ」を歌います。マスクをつけながらですが、美しい歌声が、体育館に響き渡りました。
02
▲10月9日(土)に予定されている「学校説明会」のプレゼンの中で披露されます。本来であれば、生でお伝えするところ、感染予防のため録画で出演します。
03
▲来春、新入生と兄弟姉妹学年になる6年生として、今からお世話をする準備をしています。
 
5年生/家庭科「ミシンにトライ!」
210929(水)
◯5年生/家庭科「ミシンにトライ!手作りで楽しい生活」
01
▲ブックカバーを作っています。模様の刺し子が生かされているか、本のサイズに合っているかなど、一人一人先生が確認しています。ブックカバーが仕上がると、次は「ウォールポケット」の製作に挑戦します。
02
▲ミシンで布の端を縫い、仕上げます。完成まではいくつかの工程が必要です。→水で洗ってしるしを消す。→しぼってからタオルで水分をとる。→アイロンを裏からかけて、かわかす。
 苦労した分だけ、愛着がわくでしょう。完成が楽しみです。
 
5年生/学校説明会プレゼンの練習
210927(月)
◯5年生/学校説明会プレゼンの練習
01
▲本校では、来年度入学を予定している保護者向けに「学校説明会」を10月に実施しております。毎年、5年生が、学校紹介をプレゼンしています。今年は、感染症予防のため、説明当日は、録画をお見せします。その録画撮りのために、練習しています。
02
▲5年生の保護者の皆様には、10月9日(土)に予定しております「移動教室保護者説明会」でご覧いただきます。
 
5年生/国語科「新聞を読もう」
210916(木)
◯5年生/国語科「新聞を読もう」
01
▲新聞の構成や特徴を理解し、必要な情報を見つけるための方法を考えました。
02
▲同じ出来事について書かれている「全国紙」と「地方紙」の記事を読み、その違いを考えました。同じ事実を伝える記事でも、読み手の対象が違うことから、読み手の関心を考えて内容が変わっていることに気づきました。
03
▲朝の会の「1分間スピーチ」でも、新聞を活用して、今世界で起こっていることに関心をもち、自分の意見を表現する場を設けています。
 
5年生/英語/オーストラリア国際交流
210914(火)
◯5年生/英語/オーストラリア国際交流
01
▲交流校が発表されると、みんなが万歳!英語の授業の一環で、オーストラリアのパブリックスクールとオンラインで交流します。
02
▲交流予定校は、西オーストラリア州アルバニーの郊外に位置する町「リトル・グローブ」にあるリトルグローブ小学校の5・6年生の「日本語専攻クラス」です。今年度は、12月と2月に予定しており、来年から年3~4回交流する計画です。
 今後3年間、オーストラリアの小学生と三日小が、文化と言語の交流を通じて、友好関係を築くために取り組んで参ります。
 
5年生/オリンピックを振り返って
210911(土)
◯5年生/オリンピックを振り返って
01
▲オリンピック・パラリンピックが終了し、日本人選手の活躍が子供たちの記録に新しいうちに振り返りを行いました。タブレットで映像を視聴し、感動体験を追試しました。東京都からプレゼンとされた「オリンピック・パラリンピックストラップ」に感想を記入しました。11月の展覧会に全校児童分が展示される予定です。
 
5年生/図工「イノチの形」/感性を磨く
210910(金)
◯5年生/図工「イノチの形」
01
▲自分のイメージする生命(イノチ)のかたちを色と形であらわします。黒や茶色で塗りつぶした画用紙に消しゴムで模様を付けていきます。自分の人生を振り返り、感性のままに表現します。
02
▲途中の作品を見せてもらいました。「みんな違ってみんないい」が実現しています。それぞれの完成がほとばしる一時でした。これからどんどんイメージが広がり、作品が仕上がっていくのが楽しみです。
 
5年生/家庭科「刺し子ブックカバー作り」
210908(水)
◯5年生/家庭科「刺し子ブックカバー作り」
01
▲ブックカバーを制作しています。刺し子は根気のいる作業ですが、集中して取り組んでいました。上手に刺し子をするコツは、引っ張りすぎないこと、表が4mmで裏が2mmにすることです。仕上がりが楽しみです。
 
5年生/図工/3Dワンダーランド
210907(火)
◯5年生/図工/3Dワンダーランド
001002
▲思い描いた風景を立体的に表します。立体(3D)に表現するには、遠近法を活用し、奥行きを出す必要があります。
02
▲電動のこぎりを使って、板を思い思いの形に切り抜き、重ね合わせることで、遠近を出します。自分が描いた設計図を元に、遠・中・近を部品として取り出します。
01
▲紙ヤスリでなめらかにしてから着色します。4年生までに習得した技法を使って、立体的な風景を表現します。完成品は、展覧会でご覧いただけます。
 
5年生/国語「作者で広げるわたしたちの読書」
210714(水)
◯5年生/国語「本は友達・作者で広げるわたしたちの読書」/校内研究会
00
▲本時のめあて「自分が選んだ作家や作品についての考えを交流し、その魅力を探ろう」をみんなで確認しました。ディスタンスをとるため、体育館で行いました。
02
▲自分の考えを発表し合います。しっかり自分の考えを論理的に説明できました。今までの学習の成果が出ています。
03
▲お互いに友だちの考えを聞いて、共通点や相違点、作家の思いやテーマなど、作家の魅力に迫りました。
01
▲友だちとの意見交流に基づいて、気づいたことや感じたことをみんなの前で発表しました。
01
▲講師は、帝京大学教育学部教授 鎌田和宏先生をお招きし、授業分析から児童の見取りまで、詳細に渡りご指導いただきました。
02
▲協議会では、授業中に記録した「Google Workspace」のジャムボードを活用し、活発に協議が進みました。1月21日の発表会に向けて、授業研究にも熱がこもっています。
 
5年生/体育「ソフトバレーボール」
210713(火)
◯5年生/体育「ソフトバレーボール」
01
001▲ソフトバレーボールは、相手プレイヤーとの身体接触がなく、ボールも柔らかいため、子供にとっては安心して取り組めるゲームです。
 また、ラリーを続けるためにはチームの連携(助け合い・支え合い)が必要不可欠であり、よりよい学級づくりの一助となることが期待できます。
 しかし、自分がミスをしたということが自分にも仲間にもわかりやすく、ミスが相手の得点になるため、運動が苦手な子供が楽しいと感じることができるよう、場の設定やルールを工夫し、雰囲気づくりを大切にしながら授業を行っています。
 ワークシート「仲間と繋げ!!」は、その思いをみんなで共有するために導入しました。一人では成立しないスポーツ、みんなの力が集まって始めて得点につながります。
 
「すべての教室へ新聞を」/新聞に親しむ
210709(金)
◯5年生/「すべての教室へ新聞を」
01
▲「子どもの読書活動の推進に関する法律」が施行され、すべての子どもがあらゆる機会とあらゆる場所において自主的に読書活動ができるような取り組みが始まりました。
02
▲文部科学省の後援のもと地域の新聞販売店から最寄の学校へボランティアで新聞を届ける『すべての教室へ新聞を』運動が公益財団法人日本新聞販売協会のご努力で、現在も続けられています。
    本校の子どもたちは、休み時間に閲覧する児童がたくさんいます。日直の仕事の一つとして、新聞を読み、クラスで報告する活動もしています。読めない漢字や知らない言葉を担任に質問したり、国語辞典で調べたりすることで、新聞に親しみを持ち、過去の新聞を読み直す子どももいます。
 
5年生/国語「作者で広げるわたしたちの読書」
210708(木)
◯5年生/国語「本は友達・作者で広げるわたしたちの読書」
01
▲本時のめあて「自分が選んだ作家や作品についての考えを交流し、その魅力を探ろう」をみんなで確認しました。
02
▲自分の考えを発表し合います。作品がどのような話だったか、複数の作品を読んで、作家に対してどのような印象をもったかなど、しっかり自分の考えを論理的に説明できました。今までの学習の成果が出ています。
001002
▲お互いに友だちの考えを聞いて、新たに気付いたことや考えたことについて、話し合います。共通点や相違点、作家の思いやテーマなど、作家の魅力に迫りました。
04
▲最後は、友だちとの意見交流に基づいて、作家や作品の魅力について、自分の考えをまとめました。

 日ごろから、読書に親しんでいる子どもたちは、読書が自分の考えを広げることに気づき、役立っていることを感じ取っています。
 
5年生/図書の時間/おすすめの一冊
210701(木)
◯5年生/図書の時間/おすすめの一冊
01
▲読書月間が終了し、5年生が今まで読んだ本の中で、一番に推薦したい本を紹介しています。ロビーに掲示された紹介文には、低学年を意識したものや、中学生レベルの本まで様々ですが、本好きの三日小の子供らしく、文章がよくまとめられていて、思わず読んでみたくなります。後輩が足を止め、よく見ています。
 
5年生/図書「ブックトーク」の準備
210628(月)
◯5年生/図書の時間/「ブックトーク」の準備
01
▲ 読書記録を書きます。自分の読書生活をきちんと記録することで、読書の質が高まります。
02
▲国語の授業で使う本を選び、読みます。同じ作家の本をグループで読み、感想や意見を伝えあいます。今回は、その準備の真っ最中です。
03
▲子どもたちが、自分の力で選書します。数多くある本の中から、自分の興味関心に合った本を選び、友だちに紹介する準備をしていました。子どもたちは、頭脳をフル回転させることで、本に関する感性が研ぎ澄まされます。
 
5年生/図工/立体「3Dワンダーランド」
210618(金)
◯5年生/図工/立体「3Dワンダーランド」
01002
003004
▲想い描いた景色を立体で表します。必ず形をはっきりと描くことがポイントです。糸のこでは、曲線や直角は必ず刃を動かしながら切ることが大切です。けがをしないように注意して、制作に取り組みました。
 
5年生/英語/World in Unionを英語で歌おう
210608(火)
◯5年生/英語/World in Unionを英語で歌おう
01
▲5年生は、運動会で表現した「One Heart One Mind~心をひとつに心をつなぐ~」のテーマソングを英語で歌えるように練習しています。
    このWorld In Union(ワールドインユニオン)とは、世界三大スポーツイベントの一つ「ラグビーワールドカップ」の公式テーマソングです。
    イギリスの作曲家ホルストの組曲「惑星(The Planets)」の中の「木星(Jupiter)」という曲に独自の歌詞をつけたのが、ワールドインユニオンとされています。
    5年生にとっては、忘れられない思い出の曲となりました。
 
5年生/家庭科/一針に心を込めて
210608(火)
◯5年生/家庭科/ひと針に心を込めて
01
001▲5年生は今年度から家庭科が始まりました。今日は単元「ひと針に心を込めて」の1、2時間目。裁縫道具を使って玉結び、玉止めをしました。
    指先をこすり合わせて糸を結ぶ動きは、なかなか難しいようです。作業布にいくつも玉結びや玉止めを繰り返していました。
    最後まで辛抱強く取り組むのが、三日小の子どもです。
 
平成3年度運動会/5年生
210528(金)・29(土)
◯運動会/5年生/One Heart One Mind~心をひとつに 心をつなぐ~
02
03
01
▲三日小の伝統である組体操は、コロナ禍で、仲間と一緒に手を繋ぐことはできません。しかし、どんなに離れていても、心はひとつ。心と心を繋いで表現しました。
 「自分が今日できる精一杯のことを見つけ出し、できるだけのことをする」「一人一人が昨日よりも輝きを放つ」ために、この新しい時代に三日小の新しい歴史、新しい伝統を作っていきます。ここにいる全ての人たちの心を揺さぶることができるように、演技しました。
 
5年生/展覧会作品紹介
210514(金)
◯5年生/展覧会作品紹介
002001
▲秋の展覧会に出品する作品を随時紹介していきます。今回は、5年生の平面作品「でこぼこ広場」です。自宅から持ち寄った素材を液体粘土を塗ったダンボールに張り合わせ、自分の世界を表現しました。題名も工夫されていて、左が「不思議な空想」、右が「今日は疲れたのでもう寝ます」です。子どもたちの個性が光る作品になっています。