ごあいさつ

第一日暮里小学校の 「温故創新」
  PRIDE OF 一日小 -
校長 白井 一之 
 

 本校は明治18年に荒川区で二校目の公立学校「日暮小学校」として、日暮里6番地に開校しました。その後大正2年に第一日暮里小学校と改称し、昭和11年には現在の地(西日暮里3丁目)に移転しました。鉄筋コンクリートの校舎は昭和41年に竣工し、現在に至ります。
 昭和44年に営団地下鉄千代田線西日暮里駅が開業し、昭和46年には千代田線の乗り換え駅として国鉄西日暮里駅が開業しました。西日暮里駅は唯一山手線で昭和時代に開業した駅であり、本校はその西側に位置する駅前学校です。
 「チャレンジする子 もっと高く・もっと広く・もっと深く」が教育目標で、SDGsから「健康」「環境」「街作り」の3本柱を中心に自ら課題を見つけ、図書館を利活用しながら学び続けます。

 本校児童は読書習慣が身に付いており、年間一人平均180冊以上の本を借りて読んでいます。これからも「読む」「書く」力を基盤にしながら「話す・聞く」といった発信型の力も更に育てていきます。


 


令和2年度 学校経営方針 

 

校  訓:正直 親切
教育目標:チャレンジする子 
     もっと高く・もっと広く・もっと深く

R2学校経営方針.pdf