Child-Centered Education


281005 タイトル
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-27-12  電話番号 03-3893-8890  ファクシミリ番号 03-3810-9721
 

お知らせ

新年度ホームページは、ただいま準備中です。
しばらくお待ちください。
 

トピックス=日々の活動を写真で紹介します。

〇右の更新内容を確認してください。
〇トピックスの過去の記事は「バックナンバー」に格納されますので、ご確認ください。
-------------------------------------------------------------------------
平成30年度の過去の記事は
「30バックナンバー」へ→

-------------------------------------------------------------------------
平成29年度の過去の記事は
「29 バックナンバー」へ→

------------------------------------------------------------------------
平成28年度の過去の記事は
「28バックナンバー」へ→
 

所在地・連絡先・交通アクセス

所在地

〒116-0011
東京都荒川区西尾久5-27-12

電話番号    03-3893-8890

ファクシミリ番号    03-3810-9721

交通アクセス

  • JR高崎線・宇都宮線 尾久駅より徒歩8分
  • 都電荒川線 荒川遊園地前より徒歩1分

 

トータルカウンタ

COUNTER190160 167400(160901-190331)
from 2016/09/01

Index

学校紹介学校便り巻頭言アクセス行事予定表PTAの窓HP運用ガイド30バックナンバー29バックナンバー28バックナンバー

ジュニア防災クラブ/「あらBOSAI2019」参加

<3月3日(日)>
〇ジュニア防災クラブ/「あらBOSAI2019」参加
↓荒川区防災フェスティバルにジュニア防災クラブのメンバーが参加しました。開会式では、防災の地域との連携について説明があり、しっかり聞いていました。
01
↓被災した場合、携帯電話はほとんどつながりませんが、公衆電話は、ストレスなく通話ができる体験をしました。
02
↓上水、下水のパイプの中を光ファイバーで点検する体験もしました。電気、ガス、水道の各業者が被災した後の復旧に向けて様々な取り組みをしています。小学生のうちに体験することが、将来役に立ちます。
03
 

ジュニア防災クラブ/AED操作訓練試験

<3月1日(金)>
〇ジュニア防災クラブ/AED操作訓練試験
↓今年度最終回のクラブ活動となりました。ジュニア防災クラブでは、1年間の締めくくりとして、尾久消防署の消防士さんからAEDの操作訓練を受け、救急救命法の初級を受験します。
01
↓見事、全員合格しました。日頃の訓練の成果が実を結びました。おめでとうございます。
02
↓1年間で、12回の訓練を楽しく受け、オリジナルバッジをゲットし、知識も技術も習得しました。
03
 

防災教育/ジュニア防災クラブ

<1月25日(金)>
〇防災教育/ジュニア防災クラブ/VR車体験/避難所開設訓練/炊き出し訓練
↓東京都で一台だけの「VR車」が、尾久西小学校にやって来ました。町会の方々、保護者の代表の方々も体験しました。
01
↓ゴーグルを付けて、被災体験をしました。映像と音、ゆれを同時に感じながら、家具の転倒などリアルでした。
02
↓炊き出し訓練では、アルフア米の炊き込みご飯をパックに詰めるお手伝いをしました。
02
↓トイレの処理体験や段ボールで区切られたスペースを見学し、避難所生活の大変さを感じました。
04
↓最後にケーブルテレビに手をふって挨拶しました。当日の様子は、後日荒川ケーブルテレビで放映されます。
05
 

ジュニア防災クラブ/防災検定受験

<12月17日(月)>
〇ジュニア防災クラブ/防災検定受験
↓1年間のまとめとして、防災検定を受験しました。基本的な問題から、応用問題まで真剣に挑戦しました。
01
 

ジュニア防災クラブ/防災グッズ暗記クイズ

<12月7日(金)>
〇ジュニア防災クラブ/防災グッズ暗記クイズ
↓外部人材講師であるプラスアーツさんによる体験活動を行いました。災害時に役立つグッズ24個の名前を1分間で暗記するゲームです。
01
↓グループごとにビンゴカードに防災用具を記入し、25個のマス目を埋めます。それを暗記して、防災に係る用具を覚えます。ゲーム感覚で防災意識を高めました。
02
 

ジュニア防災クラブ

<11月16日(金)>
〇ジュニア防災クラブ/被災時の対応訓練

↓身近にあるもので、長靴を作り、暗闇の中、障害物を避けながら進む体験をしました。
02

↓ビニール袋長靴は、なかなか機能的です。身近な材料で工夫して危機を乗り越える技を楽しく学んでいます。
01

↓目の不自由な人が避難するときの困難さも体験することができました。ペアで指示を出しながら、前へ進むゲームで、楽しく学びました。
03
 

ジュニア防災クラブ/キャタピラーけむり避難訓練

<9月10日(月)>
〇ジュニア防災クラブ/キャタピラけむり避難訓練
↓段ボール製のキャタピラの中をはうようにして競争しました。被災した場合、姿勢を低くして避難することの重要性をゲームを通して学びました。
01

↓線香と箱を使って、煙が上へのぼる様子を観察しました。
02

↓煙を吸わないようにハンカチで口をおさえながら、どうしたら早く避難することができるか話し合いました。
03
 

ジュニア防災クラブ/ロープワーク

<6月4日(月)>
ジュニア防災クラブ/ロープワーク
↓災害時に役に立つロープワークを学び、結ぶスピードと正確さを競いました。

01
↓最後は、グループごとにロープをつないで、完成です。ロープワークは難しいのですが、一度経験しておくことが大切です。
02
 

ジュニア防災クラブ/応急手当

<5月11日(金)>
〇ジュニア防災クラブ/応急手当
↓外部講師プラスアーツさんによる体験活動を行いました。身近なものを使った応急手当を正しく実践できるかクイズ形式で確認しながら、実際に体験しました。ハンカチやネクタイを使った止血法、スーパーのビニール袋を使った保護法を学びました。
02
01