本日の来場者数/ご来場ありがとうございます!

206←毎日リセットされます。

トピックス 【1週間まるごと入替】

【過去の記事はバックナンバーをご覧ください】
<2月21日(火)>
◯学童クラブ・にこにこすくーる/放課後の活動
↓放課後、校庭で遊ぶ子供たちは、みんな仲良しで楽しそうです。
学童
<2月20日(月)>
◯挨拶運動
↓正門で登校する子供たちを待ち受け、挨拶を交わします。
あいさつ2
↓東門で挨拶運動をする子供たちは、大きな声で「おはようございます」と呼びかけていました。
あいさつ1
<2月20日(月)>
4年生/セーフティ教室/防災・万引き・自転車泥棒・いじめについて
↓尾久警察署のスクールサポーターの方から、被害に合わないために、知らないうちに加害者にならないように気をつけることを学習しました。
万引き
<2月20日(月)>
尾久地区ピロポロ大会にて高学年の部「優勝」
↓大きな優勝カップが届き、全校朝会で表彰しました。
ピロポロ2
↓さすが、6年生です。最高学年として尾久西小学校のプライドを守ってくれました。
ピロポロ
 

保護者の皆様へ

〇平成27年9月1日から学校伝染病「登園(登校)証明書」の様式が変更になりました。新しい様式は以下からダウンロードできます。
登校(登園)証明書.pdf

〇ホームページをスマートフォンでご覧いただくときは、以下の窓口からお入りください。
1 検索サイトで検索
「荒川区立尾久西小学校」
→左下のPCホームページアイコン
2 QRコードでカメラ読み取り
→直接トップページへ
 スマートフォン入口 QRコード
 

所在地・連絡先・交通アクセス

所在地

〒116-0011
 東京都荒川区西尾久5-27-12

電話番号     03-3893-8890

ファクシミリ番号 03-3810-9721

交通アクセス

  • JR高崎線・宇都宮線 尾久駅より徒歩8分
  • 都電荒川線 荒川遊園地前より
    徒歩1分
 

トータルカウンタ

COUNTER36563+48496
from 2016/09/01

お知らせ/行事予定

【行事予定は右上「予定表」をごらんください】
⭕平成29年1月24日(火)★地域の皆様、保護者の皆様、多数の方にご来校いただき、子供たちをほめていただき、ありがとうございました。
研究発表会関連のデータは、校内研究のページをご覧ください。
 

ごあいさつ/学校便り 2月号巻頭言

【学校便りの記事はバックナンバーをご覧ください】

平成29年2月1日
言語能力の向上をめざして
東京都教育委員会言語能力向上拠点校研究発表会「自分の思いや考えを豊かに表現する児童の育成」~音読・朗読を生かした国語科の指導を通して~
校長 末永 寿宣
01
 1月24日(火)は、ご多用の折、また大変寒い天候の中、大勢の皆様にご参会をいただき、これまでの研究の成果の一端を発表させていただくことができました。ご参会いただきました皆様方に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 ご講演及び古典落語をご披露いただきました落語家、桂やまと師匠は、本校OBであり、地域協力者としていつも温かく子供たちを見守ってくださっています。また、玉川大学客員教授:宮島雄一先生、ソフィアの森朗読塾主宰:斉藤ゆき子先生のお二人には、年間をとおして、何度も本校での研究授業等でご指導をいただきました。この継続的なご指導により、軸のしっかりとした研究が進められたと思っております。
 さらに、本校は尾久地区の地域の皆様に日々支えられ、教育活動を行っており、子供たちが毎日学校で楽しく生活できますのも、地域の方々のお蔭でございます。子供たちを地域の財産として、大切に育てていただき、ありがとうございます

 さて、本校では、授業に音読を多く取り入れることで、想像を広げ、自分の気持ちを表現できる児童の育成を目指して、研究を進めてまいりました。研究の主な内容は以下の4点です。
---------------------------------
(1)言葉による発信力を高める取組~〇音読・朗読を取り入れた効果的な授業の構築を図ります。

(2)美しい日本語を身に付ける取組~〇俳句や短歌、古典文学等の音読や暗唱に挑戦します。

(3)豊かな読書生活をはぐくむ学校づくりの推進に関する取組~〇個人読書記録、読書バッチによる意識の向上を図ります。~〇ブックフェスティバル等による読み聞かせを充実させます。

(4)保護者・地域への発信に関する取組~〇保護者・地域向けの講演会や研究発表会を充実させます。~○学校ホームページを活用した情報発信に努めます。
--------------------------------------------
 もとより、学習の根底をなすのは、学校ではありますが、音読の習慣をつけるために、ご家庭でも音読を推奨し、ご協力をいただいているところです。その成果は、音読をすることが好きな子供が増え、自分の考えを相手に伝える自信もついてまいりました。

 今後も国語の学習はもとより、児童の体験活動の機会を増やすことで、表現する力をさらに高めるため、努力してまいります。保護者・地域の皆様のこれまでのご協力に感謝申しげますとともに、これからもご支援のほどよろしくお願い申し上げます。