お知らせ

次回の学校公開日は11月10日(土)です。
 

校長挨拶

校長  川越 豊彦

 本校は、昭和38年(1963年)、旧制第一高等学校(現在の東京大学教養学部)端艇部(ボート部)の艇庫跡に開校しました。

 昭和38年といえば、前回の東京オリンピック・パラリンピック大会を翌年に控え、高速道路や新幹線などの建設が急ピッチで進められ、新しい時代の到来を期待して、日本中が活力にあふれていた時代でした。

 このような時代に開校した本校には、やがて到来する新しい時代において逞しく生き、活躍する子供たちを育てることが期待されていました。

 その当時から半世紀が過ぎ、世の中は大きく変化しました。価値観が多様化するとともに、社会のグローバル化、情報化が進展し、世の中は目まぐるしく変化するようになり、先行き不透明な時代と言われるようになりました。

 しかし、いつ、どのような時代にあっても、その時代を逞しく生きぬくことのできる子供たちを育ててほしいという学校に対する願いや期待に変わりはないと思います。このことを踏まえ、本校で学ぶ子供たちや保護者の皆様の願いと地域の皆様の期待に応えることができるよう、子供たちの知・徳・体をバランスよく育むための教育活動を行ってまいります。

 本校は、半世紀以上にわたって「地域の学校」として多くの皆様に支えられ、地域の皆様とともに歴史を刻んでまいりました。今後とも、変わらぬ御支援、御協力を賜りますようお願いいたします。

 

教育目標