校長挨拶

  校長  猪瀬 賢一


 峡田小学校は、平成5年4月に統合新校として開校し、平成8年4月、現在地に新校舎が落成をいたしました。本年度は、創立25周年となります。本校は、旧第一峡田小・旧第八峡田小と地域との結びつきや、学校に寄せる思いが強く受け継がれています。
 私は、校長の猪瀬賢一です。着任2年目となります。昨年度の学校評価や反省を踏まえ、より良い学校づくりをしてまいります。
 昨年度末に「荒川区学校教育ビジョン 学びの推進プラン(第1期 平成30年度~平成32年度)」が示されました。これを実現しつつ、学校教育目標である「自分で考え 友達と一緒に活動し 振り返りのできる子」に育てていきます。具体的には、主体的・対話的で深い学びができるよう理科を中心に研究を進め授業改善に取り組みます。また、高学年は英語の授業時数が週に1時間増えます。これに伴いまして、朝の時間の15分を国語の授業(モジュール学習)を行います。漢字学習等に取り組み基礎・基本の定着を図ります。さらに、昨年度研究してきた「特別の教科 道徳」を充実させ、評価についても示していきます。これまで行ってきた「校長室検定」「あらかわ寺子屋」「学校図書館やインターネットを活用した調べ学習」「パワーポイントを活用した発表」も継続して実施し、学力の向上を図っていきます。
 また、学校教育ビジョンの施策の一つである「学校・家庭・地域が強いスクラムを組んで子どもたちを育てる」を受けて、学校内では学年間での交換授業を実施し、複数の教員で子供を育てていきます。そして、家庭・地域の方々には、実際に学校にお越しいただいて子供たちと活動してもらえるよう工夫していきます。昨年度も行ってきた琴や俳句、そろばんの授業に入っていただく他、水泳や陸上での特別授業、講談の授業、クラブ活動での指導など教育活動の多くの場面で携わっていただこうと考えております。このような中で、子供たちの姿を見ていただきながら、保護者や地域の皆様と共に学校づくりをしていきます。
 本年度も教職員一丸となり、「チーム峡田」で進んでまいります。ご支援とご協力を重ねてお願い申し上げます。


                                      4月 更新