アクセスカウンタ

トータル287337

■学校経営方針

平成27年度         学 校 経 営 方 針

荒川区立第九峡田小学校
校長 山口 稔雄

──九峡小の使命は、児童をより元気にさせること──

. 健康で過ごせるようにすることで元気にさせていく

 (1) こころの健康のためにするべきこと

  ① 学級での望ましい人間関係づくりを進める。児童同士の間に上下関係が生

じないよう、同じ級友として協力しあう関係をつくる。また、教師と児童一人一人の関係をつくり、「聞く・話す」がいつでもできるようにしておく。

② 教職員が自らの人権意識を常に見直していくこと。すべての児童に公平な立場で接しているかを常に自己点検していくこと。年間2回、体罰防止のためのアンケート調査を実施する。

③ また、差別(その顕著な事例はいじめである)を日常場面の中で見つけ出し、解消していくこと。いじめの兆候が見えた場合には、必ず他の教員と情報共有や相談を行い、指導の方法について具体策を決める。学期に1度、いじめアンケート調査を実施する。

 (2) 児童の人間関係を望ましいものにしていくためにするべきこと

① 児童の座席配置、生活班分け、行事でのグループ分けなど、学級全体の児童が公平であるべき事柄については、教員が決める。児童に委ねない。

② 「自分たち全員が楽しく、気持ちよく生活できるようにする」ために、学級会を定期的に行い、みんなのことはみんなで決めていく習慣と意識をつくる。

③ 集団における礼儀として、気持ちのよい挨拶、言葉遣い、動作、時間厳守などを心掛けて、明るく接することを指導する。

 (3) からだの健康のために生活リズムを整えられるようにする

① 体の調子を整えて元気よく過ごすために、生活リズムを整えることを指導する。

② その第一の課題を寝不足解消とする。睡眠時間を確保するように保護者に働きかける。併せて、児童へも早く寝ることを指導する。

③ 健康に関する正しい理解を図る。

 

. 授業によって興味・関心を育て、元気にさせていく。

 (1) 子供は興味のかたまり。興味を刺激することで元気にさせていく。

① 児童の興味・関心を膨らませることで「元気のよさ」につなげていく。

② 自分の意思と力で学習するから面白くなる。そのために、児童の主体性を認めた授業づくりをする。先生の話を聞いて覚える授業ではなく、自分たちで気づいて、自分たちで考えて答えを出す授業にする。

③ 教師の発言時間を減らし、その分児童の発表時間を増やす工夫をする。教師が授業での学習活動の流れを計画しておくことによって、その活動で気づく児童の発表内容が学習を展開していく授業をつくる。

 (2) 児童が自由に技能を使えるように

① 計算、漢字、調べ学習、定規やコンパスの扱い、辞書の利用、PCの利用、地図の読みとりなどの技能を高めるための時間を確保し、その習得を計画的に進める。

② 技能の習得は、正しい理解と反復練習によってできる。反復練習の成果が出ない場合は、原理となる基礎を学習するなど、一人一人に応じた指導を行う。

③ 全校的な取り組みとして、校内漢字検定、校内調べ学習展覧会を実施する。

 (3) 児童を学習好きにするための校内研究を行う。

① 本校の研究は問題解決学習を通して児童を学習好きにしていくための研究である。

② 研究の中心は日常の授業にある。日常の授業の中で児童を学習好きにさせていく研究である。

③ 児童を学習好きにさせる上での課題について、解決策を研究授業で提案する。

④ 何を課題にするかは、分科会の意見をもとに研究推進委員会で決定し、その課題の解決に向けて分科会が提案を行う。

 (4) 図書館活用とICT活用

① 本に親しみ、読書の習慣づくりを進める。

② 知りたいことを最も確実に、正しく知ることができるのは図書館であり、これを学習の時間などで活用していく。

③ 児童の学び合いを促進させる道具として、タブレットPC活用を図る。

 

. 九峡小は、地域の学校である。この地域を元気にしていくことを目指す。

 (1) 子供が元気であることは、地域の大人を元気にする。

① 児童が健全に育っていることを見ることで、大人は安心する。そのことが、児童への期待と励ましとなり、児童をとりまく環境をよくしていく。

② 保護者・地域に対する広報につとめる。具体的には、ホームページによる情報発信を定期的に行う。

③ PTAや地域組織との共同事業を進める。具体的には、花いっぱい運動、朝会との共同防災訓練、PTAとの夏まつり、もちつき、親睦行事を実施する。

 (2) 地域の教育資材を整理し、活用する。

① 地域の人材、施設、団体の協力を得て、授業づくりに生かす。

② 教材に利用できる地域の建造物、施設、史跡、文化財を調査し、児童が学校から出て学習できる体制を整える。