教育目標  ◆心豊かな子供  ◆進んで学ぶ子供 ◆元気な子供

学校紹介(スライド・音声)

校長あいさつ

  
平成31年4月1日に第六日暮里小学校に着任しました。

守り育ててきたよき伝統を引き継ぐと共に更なる発展のために精一杯努力して参ります。

 本校は、「西日暮里」の町中にあり、大正14年に現在の場所に誕生し、変化の激しい時代を乗り越えてきました。地元に支えられ、愛されながら今日まで約一万人の卒業生がいます。

 本校は、「笑顔あふれる魅力ある学校」を目指して教育活動を推進していきます。子どもが「行きたい」保護者が「通わせたい」地域が「あってよかった」教職員が「働けてよかった」と思われる学校づくりを学校・家庭・地域が三位一体となって取り組んでいきます。また、特色を生かした教育活動とその基盤となる落ち着いた環境づくりを大切にしていきます。ご理解とご協力をお願いします。

  
   校長 島埜 秀男              
 

 
 
 
 
平成31年度第六日暮里小学校経営方針.pdf

                            


      ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 
                              

本校の特色

【楽しく学ぶ】学校図書館、電子黒板,タブレットPC

  調べ学習なら《六日・未来図書館》 絵本や物語なら《六日の森図書館》


  学校図書館ノート

 子供たちはたくさんの本に親しんでいます。司書の先生が
いつでも対応してくれるので、安心して学習したり、本を借
りたりすることができます。平成26年度の9月からタブレット
PCが導入されたので教室の電子黒板も大活躍。調べ学習
が充実し、学校図書館は「読書センター」、「学習センター」、
「情報センター」としての機能が高まりました。


【元気に遊ぶ】朝遊び、なわとび、お弁当づくり

  始業前(820分まで)や休み時間には校庭で元気に遊んでいます。体育館の学年
割り当ての時間も楽しみです。年間を通してなわとびに取り組み、いろんな技に挑戦
しています。初級から始めて、中級・上級をクリアーするとマイスターになれます。
また、年に2回(5月・2月)実施する「お弁当の日」には、先生たちも手作りのお弁
当を持ち寄って、子供たちと一緒に楽しく食育を推進しています。


【伝統を大切に】雅楽、週番のお話、伝統文化ノート

  何といっても雅楽は本校の特徴です。雅楽委員会で高学年が笙)篳篥(ひちりき)等の雅楽の
器を使い、入学式や卒業式の前に『越天楽』を演奏し、荘厳な空気を作ってくれます。
そして、1年生から「伝統・文化ノート」で学習をくり返し行い、我が国の伝統文化に接し、
ふるさとや母校を愛する気持ちを育んでいます。