お知らせ


 

教育目標

 人を敬い、まごころを大切にし、心身ともに健康で人間性豊かな、生涯を通して主体的に学んでいこうとする生徒を育成する。
 まごころをもって生きる生徒

 

カウンタ

アクセス総数725549

アクセス

第七中学校へのアクセス方法はこちらをご覧ください。

サンプル

詳細を見る
 

教育目標









校訓「まごころ」
 開校時(昭和22年)に定められた校訓“まごころ”生徒向学指標を、昭和29年、一言にまとめました。
 校訓「まごころ」の揮毫は、人間愛の作家として名高い武者小路実篤氏に依頼、大作を書いていただきました。

教育目標

人を敬い、まごころを大切に、心身ともに健康で、人間性豊かな、生涯をとおして主体的に学んでいこうとする生徒を育成する。
   まごころをもって生きる

教育の重点
1.基礎・基本の定着

基本的生活習慣の徹底を重視します。

各教科の基礎・基本を確実に身につけ、課題を最後まで追求する学習を進めます。

授業力向上プロジェクト(2年目)を推進し、生徒一人一人が意欲をもってよりよく学ぶ授業づくりを進めます。

数学・英語では習熟度別少人数学習を実施し、生徒一人一人の「よく分かる」を追求します。

理科の授業ではT・T(ティームティーチング)を実施し、実験などの指導をきめ細かく行います。


2.豊かな人間性の育成

道徳授業、体験を重視した学習活動を通して、豊かな心を耕します。

移動教室等における自然体験を充実させ、自然に対する畏敬の念を培うなど、情操を高める指導を進めます。

5日間の勤労留学をはじめとする社会体験の充実を図り、地域を支える人を育てます。



3.地域とともに

まごころギャラリーの活用をとおして、生徒と保護者・地域の交流を深め、学校と地域社会との連携を深めます。

運動会・合唱祭等の土日開催を推進し、保護者・地域との交流を深める場を設定します。

ふれあい給食など、地域の方々との交流を大切にします。

七中の特色
校訓「まごころ」の実現を目指して、何事にもひたむきに努力する多くの仲間がいます。
上級生が下級生のよい手本となり、引っ張っていく校風があります。
運動会・合唱コンクールをはじめとする諸行事や、生徒会活動・部活動等を生徒全員で盛り上げます。
PTAはもとより、七中校区父親の会、七中同窓会、校区各町会・自治会の熱い支援があります。